シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

第34回 つくばマラソン出場結果(詳細編)その3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

0km~5km(0:26:)
過去の攣りの経験から攣ってもしばらくすると脚が動いて走れるようになると信じていたけど、今回は攣りそうな状態が継続する、ペースを戻せない、気持ちが切れそうになる。
その間にも何回か攣って歩道で足を伸ばしながら走る。
目標タイムは325分に変更と心でおもいながらもデッドラインはサブ3.5だな…と思って走る。
水分を多めにとって脚の回復を待ったけど変わりそうもない。
ただここまで故障箇所の痛みは出てこなかったので走れる喜びなのか投げやりにはならなかった。

35km~40km(0:27:44)
フルマラソンの一番きつい区間はここかな?という区間。
脚の攣りの他に股関節が言うことを聞かない感じがする、前にテレビか何かで見たホノルルマラソンだったかのフィニッシュで脚が言うことを聞かなくて這いつくばってフィニッシュする人を見た事があったけど、練習不足の私にはそれくらい身体を酷使して走っているらしい…、これでコケて立ち上がれなくなったらイヤだな…と思いながらあと、何キロと頭で思いながら、キロ6分でフィニッシュタイムを計算する。脚が何回も攣ったらサブ3.5もまずいかも?と思って焦りながら進む。
気持ちは焦っても余力は残ってないし、股関節はふらふらする気がするし、頑張ろうと思ってるのは頭だけで身体が全くついて行かない・・・明らかに練習不足とオーバーペースが祟ってる状態。
でも、残りと距離を考えながら第二折り返しを気力で折り返す。

40km~フィニッシュ(0:11:33)

あと2km、手元の時計では、キロ6分で走ってもサブ3.5までは5分くらい余裕がありそう・・・でも、攣って立ち止まって歩いたら?と考えると怖くて気が抜けない。とは言っても、攣りをコントロール出来る訳が無くて、ヤバイかな?大丈夫かな?とずっと思いながら進む、筑波大学の紅葉が綺麗だな・・・と思いながらも感傷に浸る余裕は全くなく、ラスト数百メートルになっても恐怖心が残ったままでフィニッシュ。

タイムは、325分でした。

1ヶ月以上まともの走れなくて、痛みを感じないで、走れるようになって1週間でこのタイムで走れた事は非常に満足でした。
今シーズンは、まだ、やり直せると思って走りきる事が出来ました。

フィニッシュして着替え終えると、ちょうど、サブ4ギリギリの方々が必至で走っていて、凄くなんか感動ししちゃったとき
写真もつけておきます。

IMG_20141123_132745

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング
スポンサーリンク