シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

第1回はが路ふれあいマラソン出場結果詳細編その3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

0km(2:)
後半戦になって徐々にペースを上げるようとしてみる、上げてみてこのペースで最後まで行けるか若干不安になったが、とりあえず行けるところまで行こうとして進む。
途中で、私設エイドとかを出して応援してくれる人も沢山いて、手を振って応えながら走る。走りながら、これから30km以降の壁が来たら、かなりタイムが悪くなるかもしれないな・・・と不安な気持ちになって進む。
ただ、若干下りのせいか?それとも、脚が残ってるせいか、脚は動く感じで走れて、何とか持つところまでこのペースで進もうと決めて進む。

30~35km(:29)
後半から終盤にかけて、エイドにドリンクの他に食べ物が増えてきた感じがする、覚えているだけで、あんぱん、バナナ、そば、いちご、他に塩タブだったり、アメ、チョコを配ってる私設エイドもあって、温かい飲み物を出してるエイドもあった事も覚えていたけど、そんなエイドを満喫したかったけど、後半は良いリズムで走れる感じがしたので、給水以外のは摂らずに進む。後半も沿道も応援は温かい、沢山の頑張れを頂いて走る。
30km以降に若干ペースアップする予定だったけど、思ったよりも伸びない・・・やっぱり、筋力よりも、心肺が弱い事を実感。
残り、0kmを切ってきから、後何キロと逆算しながら走る、コースのアップダウンも落ち着いてきた感じで、淡々と進む。34km付近で最後のジェルを摂取して、35kmのエイドで流し込む

35~40km(23:23)
終盤になってくると、抜かれる事も少なくなって、逆に落ちてくる人を拾うように走れて、あれ?久しぶりのこの感覚という気持ちで走る。
タイムを計算すると、3時間20分切りが出来るかも?という感じだったので、このペースばてない程度にペースをキープして走る、コースは、幹線道路からちょっと田んぼの間の道にようなところ入っていく。そんなところでも、沿道の声援がもらえて凄く嬉しい。
時計を確認すると20分切りがギリギリっぽいので、もう、気持ちを切らす事は出来ないと思って進む。
この時点までは、行けると思ったのだが・・・
39kmを過ぎた辺りにで、前を見ると、先のランナーが飲み込まれているように見える、坂が見える。それもかなり急坂・・・
ここに来てこの坂?これは反則でしょ?と思って私も坂に飲み込まれる・・・坂の途中で40km地点通過。

40~フィニッシュ(12:)
ここに来て、この坂は本当にきつい、途中で曲がり角があって、この先は下りか?と思ったら更に上り、何人かのランナーは心が折れて歩いてる。
私はなんとか、目標タイムにという気持ちが合ったので、歩かずなんとか上り切って、下りか?と思ったら、平地。下りでタイムを稼ごうと思ったら、見当違いで、何とか息を整えて進む。
さすがに、ラストの急坂は脚を使ってしまって、脚が攣りそうに・・・なんとか誤魔化しながら進むけど、ラスト500mくらいで、やっぱり攣ってしまって、立ち止まる。もう少しだから、我慢して走れればと思っていたけど、無理そうでしばらく伸ばして歩ける状態まで待ってから進む。このときに、20分切りは無理だな・・・と判断して、ラストは何とか頑張って走って、タイムは、3時間21分でした・・・
なかなかハードなコースでしたけど、気持ち良く走らせてもらった大会でした。

大会の様子は、これで終了ですが、はが路ふれあいマラソンが凄く良い大会だったので、私の感想をもう1回だけ書きます。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング
スポンサーリンク