シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

マラソン大会の今後について勝手に考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク


先週、関東のランナーにはちょっと話題になった、大田原マラソンを来年から3年間休止にする話

津久井富雄(つくいとみお)大田原市長は23日、同市美原公園陸上競技場で行われた大田原マラソン大会の開会セレモニー後、取材に応じ、同大会を2020年から22年まで3年間休止することを明らかにした。県内唯一の日本陸連公認フルマラソンで、32回を数える伝統ある大会。陸上関係者や参加ランナーからは「休止は残念」「内容を充実させ...

理由としては、東京五輪、21年にプレとちぎ国体、22年にとちぎ国体と3年間、大規模なスポーツイベントが重なることを「休止の大きな要因」と発表して他にも「職員数の減少に伴いスタッフの確保が難しく、ボランティアも高齢化している。市の財政面を含め、総合的に判断した。断腸の思いだが、開催時期やコースなどの見直しを行い、必ずまた形を整えてスタートする」という理由らしいです。

ただ、この裏で、休止の判断に至る経緯にはおそらく参加者の減少もあると思ってます、このままでは財政を圧迫し続けるだろうと…

大田原マラソンと言ったら、制限時間4時間である意味、真剣に走ることに取り組んでいたランナーのための大会で、それが好きで参加する人も多く数年前までは、短期間で定員に達してた大会。
そんな前は瞬殺だった大会が今は、なかなか定員に達しない大会はかなり増えた。
例えば、3月の板橋シティマラソンとか、古河はなももマラソンもまだ定員に達していない。

おそらく今後は、この定員に達しない勢いは、どんどん拡大して行って、マラソン大会が淘汰される時代になると思う。
そもそも色々な特色を出そうした大会がどんどん出てきて、結局その特色がマラソン大会市場全体に一般化されてコモディティ化が進んでしまったことが1つの要因だと思うけど

もう一つは、ランナー人口は減っていると言っても、まだそれなりの市場規模はあるのに、大会に興味を示さなくなったのは、ランナーが求める価値観が変わってきているからだと思ってる。
以前みたいに、お金を払って環境を整えてもらって誰かに評価される走り方より、走ることを楽しもうという意識に変わってきてている気がする。
要するに、ランナー人口はそれほど減ってなくても、熟練したランナーが増えて、楽しみ方が進化しているということかもしれない。
だから、ただ走るだけっていう走り方は、年数回で良くて、大会に参加する人が減ってきたんじゃないかと…。
と、そんな風に考えたら、今まで通り、単純にロードを走る大会の淘汰はどんどん進むと思う、逆に特色を出すために、10kmごとに、簡単な算数の問題を解いて合格点を取らないと前に進めないとか、障害物競走のように、網くぐり区間とか、ハードル区間、平均台区間ももうけたり、そんな大会の方が人気が出る時代になって来てるんじゃないか?っていう気がする。

だって、ただ走るだけってつまらないじゃない?って私は思ってるけど…

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク