シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

統計的に身体が大きいとマラソンには向いていないことが大田原マラソンで証明されたような?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
スポンサーリンク


昨日まで、大田原マラソンについてさらって書いてきたけど。
実は、もう一つ大田原マラソンに参加してわかったことがあるんです!!

このことはツイッターでも既に当日に呟いてしまったんだけど、
大田原マラソンと言ったら、市民ランナーにはハードルが高めの制限時間4時間の大会ですよ。
市民ランナーとしてそこそこ走り込んでいないと厳しい大会だと思います。

サブ4で走れるランナーは男女差はもろちんあるとしても、全ランナーの2割程度と言われてますからね。

そんな人達が集まる大会だから、ある程度速く走る為には?の条件がわかる大会ではないかと…

そのことに大会を走り終わった後の、参加賞Tシャツを貰うとときに気付いてしまったのです!!

これが参加賞Tシャツを貰う場所。
Tシャツのサイズごとに、レーンがわかれてる。

0サイズが左の一番端で 1レーン
その隣が
Lサイズで1レーン
その隣が
Mサイズで2レーン

スポンサーリンク

その隣が
Sサイズで1レーン
その隣が
SSサイズで1レーンという状態。

要するに、市民ランナーの上級者はMサイズの体型が最も多いことがわかる。

そんな私は、血液型もO型でね、性格も典型的なO型で、ついでに身体のサイズもOでね。
もちろん、O型のTシャツをもらいに行きましたよ…

すると…

写真だとわかりにくいかも?一番手前の向こう側がLサイズ。

そして、一番手前が、Oサイズ

明らかに在庫が少ない…っていうか、笑点の座布団より少ない。

もう制限時間を過ぎたくらいの在庫数だけど、明らかに他のサイズの残りとの差は大きい!!
恐らく、製造数もかなり少なかったことが予想される…。

これはサブ4ランナーで0サイズのシャツを着るランナーはかなり少ないという証明ではないかと…。
一番生地面積を使ってるのに…。

ということで、大田原マラソンのOサイズのTシャツはかなり貴重ですよ!!プレミアが付くかも!!

でも、これほど、0サイズのTシャツが少ない大会も珍しいかも??今まで気付いたことなかったですから。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク