シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中山道”風の旅”第1ステージ出場結果レポ2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク


大宮氷川神社を出てからの中山道への戻り方がわからない、しかも、回りは民家の間を抜けるような路しかなくて方向感覚と勘だけで、中山道に復帰する。
ここからはしばらく、旧道の国道を進む区間。
簡単にいうと、もともと国道だったけど、バイパスが出来て国道を持っていかれて、県道に格下げされたような道路ってことです。

景色が単調なので、気を紛らわすものがないので自分との戦い。
のぼせて危険だと思って、ガリガリ君を投入。焦って食べて、頭がキーンとしてこれでリタイアしたくなったけど我慢。

上尾を抜けて、桶川くらいで46kmで時間は、6時間。
たぶんここまでで水分は3リットルくらい飲んでると思うけど、この間に1回もトイレを催してなくて、これは絶対にヤバイパターンとか思って、塩タブレットで給水率を上げつつ、水分の補給量を増やしていった。

北本市を抜けて、鴻巣市へ、埼玉県民なら自動車の運転免許のときにお世話になる鴻巣、それ以来の鴻巣上陸かもしれないと思って鴻巣宿の旗の写真を撮影。

ちなみに鴻巣駅前くらいで55kmも、暑くて結構既にバテ気味、この途中にも色々と中山道を表すような標識はあるんだけども
写真をとる精神的な余裕がなかった…。
今回、カメラを持って走ってるから、写真を撮ってるけど、撮って走るって結構大変だな…と思ったり。
この辺りで初めてトイレに寄った、正直、濃縮された凄い色。スタートして7時間で初めてのトイレでこれは危険だな…と思って、それまでアミノ酸を溶かしたドリンクを飲んでいたけど、スポーツドリンクに変えて少し多めに飲んだ。

スポンサーリンク

鴻巣を抜けて吹上へ、この辺りになると、同じ埼玉県に住んでいても、市町村の位置関係が怪しくなってくる。
正直、吹上ってここなの?って感じだったので一応写真撮影

次の熊谷宿までの標識も側道に向かうので写真撮影

側道をしばらく進むと河川敷へ、ここが昔の中山道なのか?というところを進む、見た目ただの河川敷のランニングコースみたいなところ。
夕日が沈む風景が綺麗だったので写真を撮影。

ちなみに、この河川敷を入ってるときに、ウィンドブレーカーを羽織って、タオルを首に巻いた、いかにもダイエットランナーの女性に見事に抜かれてついて行くことが出来ませんでした(..;)

見晴らしの良い河川敷で、次の宿場街の熊谷はどこか?と遠くを見渡すけど見つからない…というかわからない…
ずっと遠くで目で探しながら走って、地図を確認してここかな?というところで河川敷を下りて、熊谷市街地の方へ
何でもない住宅街の入り口のようになところに中山道!とか書かれていて、コースとして合ってるな…と思って進んで。
踏切へ、踏切内で電車が止まって、何かの事故?と思ったら、そこで止まって折り返しらしい…なんで?踏切で折り返しなんだよ!!
とかなり待たされてイライラして熊谷市街地に、ここでコンビニ寄って、暗くなって来たのでライトを装着

ここでもまだ、70km 9時間半くらい、埼玉県を抜けるのは果てしないな…という気持ち…

続きは後日。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク