シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

心拍数から見た、練習メニュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
スポンサーリンク

心拍計を用いては、脂肪をメラメラと燃やすために の記事でも少し触れましたが、運動強度を弱くして長く走れば脂肪は一番消費してくれる。
かと言って、それだけやってても、やっぱりマラソンのトレーニングとしては不十分で、他にLSDや、ペース走、インターバル等に適切な運動強度というか心拍数はどの辺りなのかを調べて見た。
するとわかりやすいそうだったのが下図の「ボルグスケールとランニングなどの相関表」

ボルグスケールとランニングなどの相関表から引用

私の中で、一番鍛えたいと思ってる部分は持久力、仮に、私の平常時の安静心拍数がを60とした場合
持久力を鍛えるには
   平常時心拍+平常時心拍×1.4~1.7らしいので計算すると

      144~162の心拍で走るのが一番持久力を鍛えられるらしい・・・
      この心拍の範囲で、少し長めのロングのペース走をすると持久力が鍛えられるかもしれない。

こんな表を参考にしながら、少しくらい科学的にトレーニングをしてみようかな??

↓応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Error: Suspended

Error: Suspended

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク