シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

アルコールジェル除菌ポンプで思うこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク


これから話すことは効果の理屈とかを抜きにした話。ただ私が個人的に思ってること。
新型コロナウイルスの感染予防のために、スーパーだったり、オフィスビルのエレベータ前だったり、色々なところにアルコールの除菌が置いてあるのを見たことがあると思う。

そんな私も、仕事に行くときも携行用のアルコールを携行してて、決してアル中の禁断症状のためではなくて、電車でつり革を触ったりすることもあったり、その他にも気になることがあったときは手に振りかけて除菌してたりする。

いつも除菌を携行してるくらいだから、やっぱり、スーパーとかオフィスビルのエレベータに除菌用アルコールがあるとついつい利用してみたくはなるんだけど
その置かれてるいる除菌用アルコールについては、通常のアルコールのような、液体タイプと、ジェルタイプがある。

ジェルタイプを使ったときに私はいつも思うことがある。

それは、1プッシュのポンプから出る量が多くないかと…。

しかも、ジェル状のアルコールって、手に塗って伸ばしても乾きが悪い、液体タイプだと手や指に伸ばしてる間に乾いてくるけど、ジェルタイプはしばらく残ってて、乾きも悪くてね…
乾かないから、しばらく次の動作に移れずその場でフリーズしていたり…。
もしかしたら、効果としては、ウイルスが死滅するまで時間がかかるから効果はあるのかもしれないけど…

あの行き場のないヌルヌルした状態が嫌いでね…ローションプレイじゃあるまいし…と思ったり。
まぁ~ローションプレイ好きにはいいかもしれないけど…。

でも、ジェルタイプのポンプはもう少し1回で出る量を減らして欲しいと思うのでした…。
軽くプッシュすれば良いっていう、ご意見はお待ちしておりません。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク