シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

努力をしても思い通りにならないことから学ぶこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク


ブログをさぼってる間に季節が進みましたね。梅の花が綺麗に咲く季節になりました。
そして、あと数週間後には桜の花も咲くことでしょうね。
この季節といえば、新しいステージへのスタートを切る時期になります。

私の子供達も、2人ともこの春に新しいステージに進むことになります。
でも、思い通りの新しいステージには進めなくてね、私の気持ちとしては、前にこの記事で書いたことがあるけど

昨日までの週末の土日で大学入試センター試験が開催されてましたね。 土曜日の朝に電車に乗って都内に向かっていたら、何人か参考書を広げた学生...

進学で思い通り進めないことなんて、その先の人生から見たら誤差だという気持ちは変わらない。
でも、これは経験を積んできた大人の立場からの見え方でね
なかなか子供達にはその意味は伝わらなくて、伝わらなくても、一緒に買い物とかドライブとかしながら一杯話してをしてね
今では、すっかり出来事を前向きにとらえて新しい春を迎えようとしています。
その分、お父さんには大きな負担がのしかかって、か細い私は折れてしまいそうですけどね…(突っ込み禁止)

生きていくうちに、試験とか他の人と競争して選ばれたり選ばれなかったりする場面って何回もある、入試や就職だけでもない、恋愛だってそうだし、もっと身近でもイケメンや美女がもてはやされて、私は冷遇を受けるとか、そんな場面は星の数ほどある。

そういうときに人は落ち込みます、思い通りに行かなかったことと、もう一つ、誰かと比較されて劣っていると評価されたと思うことで。

親としては、逆にこの機会にこんな経験をしてくれたことは、これから長い人生からしたら、良い機会だったのかもしれないではないか?と思ったりもします。

誰かと比較されて人生負け無しの人も居ないし、全て思い通りになって生きていける人も居ない、だから、結果から何かを積み重ねることこそ、大切なのではないかと。
ついでにいうと、他人からの評価は、人のある一面を切り取って評価しただけのものであることも

これも、なかなか子供達の年頃には伝わりにいくいことだけど
でも、大人は、武勇伝を語ることより、失敗談を語れば何か伝わるかな?と思って子供達には私の失敗談を話してます。

努力して経験したことに無駄なんて一つもないんだからね。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 平トレ より:

    ホットココアさん、good job です。!。

    ワタクシも子供にはメッチャ気を使います。
    ましてこれから世の中に飛び立つ子には・・・。
    頭ごなしに説教しても受け入れないでしょうから、自分の体験談を語るのみです。
    親父として話が噛み合わなくても、何かを言ってやるって事が大事だと思っています。

    頑張りましょうね。

    • Hotcocoa より:

      @平トレ: さん。
      コメントありがとうございます。

      親からしてみると、これから子供が経験するであろう事に、少しでも心の準備をしておいてもらえたらと思って伝えたいことが一杯になりますよね(笑)

      いつか同じレベルで話が出来る大人になってくれることを信じで伝わらなくても伝える努力はしないとですね(笑)

スポンサーリンク