シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼロ富士DNF結果詳細編リタイア後

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
スポンサーリンク


5合目でリタイア決めた、時間は深夜の3時30分。
他の選手はみんな当然のように寒い寒いと言って着替えてから登山を開始してる。

リタイアを決意した私だけここからどうやって帰るか…と思った。
この時期の富士山5合目はマイカー規制の時期で、バスとタクシーしか5合目には来ない。
タクシーで一番近い最寄り駅の富士宮駅まで行ったら30km以上あるので数万円吹っ飛ぶと思う。
バスは、朝の9時までない。

ここでリタイアした人がもっとも多く選択するのが朝の9時まで防寒して5合目で過ごすという方法。

ただ、私はまだ体力的にかなり余力があった、しかも夜中の3時30分、昼間の灼熱の時間とは違う。
これは、最寄り駅の富士宮まで走ろうかな?と考えた。
時間的に、歩きメインでも、昼間の灼熱の時間になるまでには、富士宮駅に着くだろうという計算。
しかも、体力的にも物足りない感じがしていたので走って下山を開始した。

下山を開始するには来たコースを戻ることになる、沢山のランナーがまだ登ってくる。
あんまり勢いよく走って下ると、もう先頭のランナーが帰ってきたのか?と思われるので、足を痛める感じでゆっくりだったり、リタイヤですからなんてワザワザ弁解して下るのが凄く面倒臭かった。

でも、下れど、下れど結構後続のランナーは続く、どんなに頑張っても今の時間から山頂に行っても完走出来ないだろうに…という時間でも、進んでいく人が居て、本当にみんな凄いな…と心から思った。

下っていくと途中路肩で寝てる人も居て、風邪ひくんじゃないか?と思って過ぎていった。

走って下ってて、登ってくるランナーが見えてくると、リタイア感を醸し出しながら歩くを繰り返して下るを繰り返す。

しばらく下って、オフィシャルエイド地点まで下ってスタッフの方にリタイアしますと伝えると、大丈夫ですか?バスを待った方が良いですよ!と言われて、それゃそうだよな…普通体力の限界や故障でリタイアするケースが大半だからな…と改めて思った。
まだ、全然元気なので、富士宮まで走りますと伝えて進む。

そんな風に進んでるときに、よく考えたらリタイアしてるんだからコースを戻らなくても良いんだな…と思って、スマホのグーグルマップで検索をかけたら、富士宮の市街地に入らないと他の経路はないことがわかって、諦めて進む。
気持ちが切れていて、歩いてばかりで進んでいたら、後ろの方からトップのランナーが綺麗なフォームで走って下ってきて、トップってこんなに早いのか!!と思って声をかけて見送った、ちなみにこの人断トツで、サブ16でゴールしてます。

スポンサーリンク

私は、散歩のような感じで進んで、富士宮駅に到着、結局。49km地点でリタイアしたけど、走行距離は81kmで駅に到着。

駅には着いたけど、さてこの汗臭い状態で電車の乗って良いものか迷う…。
スメルテロになると思って、トイレで防寒用に持っていた、長袖のレインウェアに着替えたけど、もう、汗が中で吹き出してくる。
明らかに変な人状態で、近くにいた高校生が危ない人?って感じでジロジロと見る。

電車を乗り継いでスタート地点の吉原駅に到着。

そういえばスタート前に聞こえた話で、リタイアすると思うから荷物は駅のコインロッカーに預けてきたっていう人が居たけど、それって正しい選択だな…って思った。

駅からスタート地点まで3.4km走って行くと先頭ランナーと間違えられて恥をかくので、タクシーを選択。

1400円くらいでスタート地点に到着して、リタイアを申告して、荷物を受け取って私のゼロ富士は全て終了しました。

ちなみに、帰りの駅までもタクシーを呼んで帰りましたけどね。

そんな感じで、途中リタイアするのもこの大会は大変なことを書きたかっただけの記事でした。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 斎藤晃 より:

    お疲れ様でした。当方ぬかさせていただいたトップです。いつもブログを大変楽しみに拝見させていただいています。ありがとうございます。鋭い分析や戦略、すばらしいです。出走前に数回は読ませていただきイメージトレーニングさせていだいていました。ありがたかったです。ココアさわとわからずにラップしてしまい失礼をお許しください。実は悩んでます。当方フォームが悪いといわれつづけています。平地で速度でません。遅いです。フォームどうでしたか?52才です。来年も頑張りたいです。

    • Hotcocoa より:

      @斎藤晃: さん

      凄い人からコメント頂いて恐縮しちゃうくらいに光栄です。
      52歳なんですか?それであれだけ凄い走りが出来る人が居ると私ももっと頑張らなきゃと思います。

      平地で遅いって恐らく私がイメージしてる遅いとはレベルが違う遅いという意味だと思いますが、短い時間でしたが、フォームはピッチ走法で、ウルトラ向きの安定してるっていう印象でした。
      ただ、私が見かけたところは気持ち良く走りやすい下りだったのがあるかもしれませんが…(笑)
      でも、変態っぽい大会が強い人は得てしてロードはさほどでもなかったりするので、宿命かもしれませんよ(笑)
      是非、来年も今年以上のタイムで走れるように頑張ってください!

スポンサーリンク