シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

第63回勝田全国マラソン出場結果、詳細編 その2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スタートから5km(0::16)
スタートの号砲ともに、集団がゆっくりと動き出す、勝田全国マラソンはスタートが商店街のストリートなので若干狭い。
ここは我慢なのは折り込み済みで、流れに任せて進む。600mくいらで太い道路に出る。ここからはマイペースで走る事が出来るね、ここから4kmくらいまでは太い道路なので、ここでペースを作ろうと思って進む。

予定では、キロ4分30秒を切ったくらいで行こうと思っていたが、予定より若干早いペースで入る。
そのせいか、3kmくらいで脚が重く感じた・・・序盤の序盤でこの感覚は?と思い、もしこの脚の重さが続くようなら、この先かなりきついだろうな・・・と焦る。
走りながら、この時点でこの脚の重さの原因は?と考える。1週間前にガチで10km走ったから?3日前に強めのペース走をしたから?そんなに柔な脚だったかな?と考えながら、後半この重さが取れてるくれる事を信じて走る。
4分30秒くらいで走ると、3時間15分切りの国際資格狙いの女性ランナーが結構いるので、ぺーサーになってくれる人は居ないかと、サングラスの中で目をギラギラさせながら進んで、5km計測マットを通過。

~10km(0:22:21)
5kmを過ぎると、直ぐに右折。道が若干細くなるが、ペースの流れは出来てるので混雑してる感じはしない。でも、この時点ではまだ抜いたり抜かれたりがあるので、回りもペースが安定していないのかもしれない。
日差しがあるせいか、発汗量が多くて、アームウォーマーは要らなかったかな?と思い、しかも喉が渇いてる感じまでして、7km地点の給水まで長く感じた。
鋭角のコンビニのある角を曲がって最初の給水、ペースを落としてでもしっかり取っておこうと思って、水と、スポーツドリンクの両方を補給。もちろん全部飲んではいないけど。
ここからしばらくは、単調な直線が続くので、女性ランナーにロックオン!少しの間ついて行くことに。
しばらく一点を見つめるように、ストーカーを続けて走る。

10km~15km(0:22:29)
10kmのガーミンのアラートで我に返ると、ストーカーしていた女性ランナーは、どうやらキロ4分20秒前後のペースで走っている事に気付く。こいつは下心だけで着いていくと、後で潰されると思って、心でお別れを告げてペースダウン。
若干の向かい風かな?と思う区間だけど、ここ数年の勝田全国マラソンの中では絶好の天候の日だった感じがする。
13km付近で、1本目のジェルを投入。最近は給水地点はあまり気にせずジェルを摂るようにしてるが、今回は発汗量の多いのか給水が待ち遠しい。
そして、このコース一番の高低差だと思うアップダウンへ、下りでタイムを稼いで、上りをなんとか上り切る・・・上りで結構抜かれた。
やっぱり、平地民はアップダウンにかなり弱い事を体感。そんな状態で15km計測マットを通過。

続きは後日。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング
スポンサーリンク