シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

何やら俺は少し嘘をついてしまったようだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
スポンサーリンク


ラグヒーワールドカップ開催中だけど、昨日のウェールズVSオーストラリア試合も凄かった、前半23-8で終わったときは、絶対もうオーストラリアは逆転出来ないと思ったけど、
後半のオーストラリアの意地とプライドの攻撃は凄かった、ラスト5分で勿体ないミスが連発してしまって、結局、29-25でオーストラリアは負けたけど、ラグビーの面白さを感じさせてもらった試合だった。

って、この試合のことより、もっと大事な試合があったよね?ということで…そうですよ!日本VSアイルランドの一戦!

テレビで見ていて、緊張と興奮と、途中は見てられないくらいのハラハラ感で、部屋の掃除をし始めちゃったりして見ていたけど。

私は、アイルランドの前戦の、スコットランド戦を見たときに、アイルランドの強靱なフォーワードでゴリゴリ来られたら、日本のフォーワードでは止められないと思って、アイルランド戦は負けて、決勝トーナメントは進出は、スコットランドとの直接対決で決まると思っていた。
そして、そのことをツイッターで呟いたりしてたしね…。完全に私は嘘をつきましたね。

だから、試合が始まったときに、アイルランドのフォワードの動きを完全に止めている日本に驚きしかなくて、アイルランドの前半の2トライも、結局、日本のディフェンスをフォワードで崩せなくて、苦肉の策で狙ったキックが幸運にもトライに繋がっただけでね。
ただ、この2トライの差はひっくり返すには大きいと思ったけど、見事にペナルティーキックで点数を詰めて行ったから、気持ちを持続することが出来たんだと思う。

本当に、フォワードは互角以上に勝っていた、スクラムはピクリも押されないし、アイルランド得意のモールも初期の段階で崩してまともに組めない状態でね、その中で何より凄かったのはダブルタックル、1人の選手に2つの選手でタックルする攻撃が完全にアイルランドの動きを止めた。

後半の後半に入ったら、気づいた人も多いと思うけど、アイルランドは得意のフォーワードでの攻撃突破が出来なくて、攻撃に迷いが生まれて手詰まりで弱気の攻撃になっていたと思う。

そこで、日本のトライで、7点差、今日の日本なら同点はあっても逆転はないなと思って、ラスト1プレイの、アイルランドがキックであれ?と思った人も多かったと思う、ラグビーはラストワンプレイは、ペナルティー以外でプレーが止まらないとノーサイドにはならないルール、だから、アイルランドはラストワンプレイは、プレイを継続して攻撃を仕掛けて、場合によっては同点を狙ってくると思ったから、逆に7点差以内の勝ち点1を取りに、キックで試合を終わらせた。完全今日は勝てないと思って弱きになった結果の選択だと思う。そして、19-12でノーサイド。

そこまでアイルランドに思わせた日本は本当に強かった。そして私は、完全に私は日本の力を見誤っていたようだ。

残りのワールドカップの戦いも楽しめそう!今日の、スコットランドVSサモアも見物、次とその次の日本の対戦相手だからね!

ちなみに、ランニングブログです。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク