シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

第3回 甲州道中 鳥の旅215km 出場結果その3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
スポンサーリンク


前回までの記事はこちら

昨年この大会に出場して学んだことは、この大会は大会当日の起床から既に始まってるということ、 朝は、いつも通り5時過ぎに起床して、出勤して...
第3回 甲州道中 鳥の旅215km 出場結果その1はこちら スタートの合図とともに諏訪大社をスタートした訳だが、誰も走り出さない。むし...

第1チェックポイントを過ぎると淡々と走る。夜の間は旧道を走っていても正直、街灯も乏しいところも走るのでよくわらかない
明るくなるとこんなところも走る

田んぼのあぜ道とかじゃなくて、リアルに甲州街道の旧道らしいです、少し行くとちゃんと石碑みたいなものもありますから…
そこまで旧道の甲州街道にこだわってるのがこの大会の一番の特徴ですね。
古のロマンみたいな…。ちなみに、私は社会かは地理選択…古のロマンより地理が好き…(..;)

昨年もこの看板を見てがっかりした記憶が…

ここまで普通に50kmくらい走ってきて結構疲れてるいる訳ですが、そこで、東京まで150kmの看板を見せつけられる訳です。
しかも、この150kmは国道20号を直進した場合の話で、旧道を迂回して走ることを考えると、重い気持ちにしかなりません。

そして、住宅街のようなところを抜けてると、早朝からランニングをしている男性2人と女性1人の三角関係かどうかしらないけど年配ランナーに丁度遭遇して、ゼッケンを見て何の大会ですか?と尋ねられた。

「諏訪から日本橋まで走る大会です」と答えると

「へー凄い!!何キロあるんですか?」と尋ねられて、

「215kmです」答えると

「ここまで何キロ?」と尋ねられて

「65kmです」と答えると

男性の一人が「まだ150kmもあるのか…」とぼそっと…

おいおいそれを言っちゃダメでしょ…走るのは俺なんだから…って心で思ったけど、もろちんそんなネガティブな言葉に引っ張れるようでは完走出来ないからね。

そしてしばらく行くと甲府盆地に下りていくところ、本当に甲府って盆地なんだね…ってわかる写真を撮りたかったけど
スマホをずっと袋に入れて出し入れをしていたのでレンズが曇っててて、それでぼやけてます(笑)

そして甲府の市街地に向かって走る、昨年はこの甲府盆地に入っただけで、気温が数度上がった感じがしたけど、今年は幸いそんなに暑く感じない。
市街地を抜けて、いつまでこの市街地続くんだろう?と思ってやっ甲府駅前、

ここから約1駅分で、第1エイドの石和健康ランド(75km)、まで5kmもないと思うけどここも結構はやる気持ちで精神が削られる区間。
もう少し我慢だ!を繰り返して、石和健康ランドに到着、9時54分

昨年ペースだと1時間くらい早いペース進んできてしまった、それとここに到着して気付いたことは、
私は、食料はかなり持ってスタートしたので、コンビニ休憩は最低限にした影響で、どうやらどこかで序盤に置いていかれた集団を抜いてしまったらしいということ。

これはオーバーペースで来たな…と思って。

石和健康ランドでお風呂タイムに突入。お風呂は入らなくても良いんだけどね、折角だから(笑)
由美かおるのような入浴タイムの話は後日。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク