シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地位や力を身につけると一定の割合で勘違いする人が現れる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク


私は昨日の仕事帰り、飲み会が多くて無駄に貯蓄してしまった水分を抜くために、ジムに寄ってトレッドミルを走ってお風呂に入ってきた。
今日は、そのときに前から感じてはいたけど、改めて感じたことを書こうと思う。

走り終えて、より一層汗を出そうとサウナとお風呂へ。
女湯の様子はわからない、物心ついてもちろん入ったことはないし、ただそんな女湯は、若い頃はきっとパラダイスに違いないと思っていた。

でも、大人になって色々なものを現実として目のあたりにしてくると、村上春樹さんのこの言葉のビールと一緒ではないかと思ってる。

「ビールはもちろんうまい。しかし、現実のビールは、走りながら切々と想像していたビールほどうまくはない。正気を失った人間が抱く幻想ほど美しいものは、現実世界のどこにも存在しない」

要するに、私の想像するような素敵な世界はそこには絶対にないということは分かってる、分かり切ってる、そんな世界がある訳がない…だって…

これ以上は言わないが、今回の話しは女湯の話しはなくて、男湯の話し。

ジムの男湯って、さっきまで鍛えてきた奴らが、鏡の前とかでポンプアップで膨らんだ筋肉で自己陶酔してる人がいて、そんな奴らを私の中では、筋肉族と呼んでいる。

その筋肉族の中でも、一定の割合で存在するのが、筋肉が膨らんで大きくなって良いからだになった自分を勘違いして強くなった気になってオラオラ系になるタイプ。そんな感じの人を私は、筋肉暴走族と呼んでいる。

そんな筋肉暴走族が、昨日ちょっと混んでる、サウナで、ちょっと小太りのひ弱そうなおじさんに、自分の座る場所を確保しようと、顎でドケっという態度を、いい大人が「すいません、少しあけてもらいませんか?」と言葉を発することもなく、その態度。
しかも、ガムをクチャクチヤと、まるでチンピラ。
下半身丸出しなので、別の意味でも、チンピラ…これはついでに言ってみたかっただけ。

だいたい、こういう筋肉暴走族には、暴走族仲間がいる、そんな奴らとの会話もサウナではうるさいのだが…。
ただ、だいたいこういう筋肉暴走族は私に、何か言ってるくる人はいなんですけど…
普段から小学生に足を踏まれても、おじさんがここに足を置いててごめんね、謝っちゃうくらい虫も殺さないタイプのはずなんだけど。

でも、私が想像するに、この筋肉暴走族の方々も決して、筋肉暴走族になりたくてそうなった訳じゃなくて、きっと、筋トレして自分の理想の身体を手に入れてきてね、自分に自信がついてきたら、それを対外的に認めもらいたくて、筋肉を披露するようになって、もっともっと周りから認めてもらいたくて、その認めてもらう方向性が歪んで、筋肉暴走族として、筋肉を武器として周りを威嚇する道具に使うようになったのかと。

スポンサーリンク

でも、こういうタイプの人間って、ランナーの世界でも居いるような気がしてね。
自分の走力がついてくると、自分に自信がついてきて、それを周りに認めてもらいたくなってきて、それが行きすぎると、走力で人を判断するようになったり、走ることは良いことで自分が凄く毎日良いことをしてると勘違いしたり、逆に、走ってない人を見下すようになったりしてね。
周りの価値基準を走ることで判断するようになってる人って一定の割合でいるような気がする。

他にも思うのは、職場での役職とかもね。
私は、職場での役職は、社内的な役割分担であって、上とか下とか、偉いとか偉くないとかではなくて、役職によって役割分担が変わるだけだと思っている。
でも、一定の割合で、自分か何か新しい力や権力を身につけたと勘違いしてる人が必ずいて、しかも、その権力は社内という狭いエリアでしか効力がないにも関わらず、世間一般での地位まで上がった気になった人達が生まれたりする。

たぶん、こんなタイプ人は何かにのめり込んで視野が狭くなるほど見失ってることが多い気がする。

確かにね、何かに夢中になって、結果が出て自分に自信を持つことは凄く大切だと思うし周りからの評価もモチベーションにはなるとは思う。
でも、その自信やモチベーションは、自分の為の糧であって、決して他人にひけらかすものではないことは忘れちゃいけないことだと思う。

どんなに筋肉がついたって、象を倒せる訳じゃないし、どんなに速く走れても、車や飛行機には敵わない。
どんなに社内的に偉い立場になったって、世界から戦争をなくすことは出来ないじゃないか!

でも、こんなことをブログに書いても、きっと筋肉暴走族は、今日もジムでプロテインを飲んでるに違いない。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク