シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

第66回富士登山競走出場結果詳細編その2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

いよいよ夏のメインイベントの富士登山競走のスタート!
スタートの合図と伴に!スタートダッシュと行きたいところですが、さすがCブロック。
ピクリともしません。。少しづつ歩きながらのスタート。
スタート地点を過ぎるときには、1分30秒を過ぎてました。昨年は、50秒くらいだったので、今年はスタートから大きなロスだ!と思ってスタート。

スタート後も、昨年はもう少しスピードが上がった気がしましたが、最初の600メートルの月江寺駅前交差点までは前に出ようにも全く出られない状態。
結局最初の1kmのラップは、6分以上かかってしまって、ここで気持ちが焦ります。
月江寺駅前交差点からは、ここから徐々に登って行きます。
このままでは、ロードの部分で前に出られないで沈んでしまうのは確実だ!と思って、出来るだけ前に出ようとして人の間を割ったり、コースの流れが早い場所を選んで走ったりして前に出ます。

レースプランでは、できるだけ早い段階でBブロックスタートの人達の中食い込ませてもらって、その流れで引っ張ってもらうつもりでしたが、割って前に進むが、周りはCブロックの人ばかり。。
正直、昨年の怪我の影響で安全策を取りすぎたレース展開が悪夢のように頭をよぎります。。

そんな状態で、最初の給水の冨士浅間神社に到着。タイムを確認するのを忘れましたが、この給水は混んでいるので、ハイドレーションを背負ってるのでパス。給水ロスも勿体ない感じ。
ここからは、長い直線の登りが、中の茶屋まで続く事が頭に入っていたので、ここで、なんとかBブロックの中にと思ったが、なかなかBブロックの方々が現れない。。
スタートブロックの力の差がこんなにもあるのか?と思い知らされる。

そして、7.2km付近の中の茶屋に到着、タイムは、40分だったと思う。目標タイムが40分で通過の予定だったので、もしかして?1分30秒のスタートロスを詰めてしまったので、オーバーペースなのかもしれない・・・と思って不安なるが、もう行けるところまで行くしかないという気分になる。

時間を少しでもロスしないため、中の茶屋の給水もパスしてハイドレーションに頼る。この辺りで周りの人達がBブロックの人達になってきたので、よしとりあえず、馬返しまでこの位置をキープ・・・と思ったが。。。
中の茶屋から馬返しまでのロードは、道も悪く、傾斜が一番きつい部分。。
毎年ここを歩かないで走りきりたい!と思っても負けて歩いてしまうところ。
今年こそ!と思って挑んだが・・・、爆発そうな肺と、飛び出そうな心臓に負けて歩いてしまった。。

歩きを交えながら、時計の距離を確認して、目標タイムでは、馬返しは1時間6分で通過予定だったが、もう無理か?最低ラインでも、1時間10分は切っておかないと先はないと思って気持ちだけが焦る。。
そんな負けそうな気持ちと焦る気持ちと爆発してる肺と心臓を抱えて、馬返しが見えたときは、やっとだ・・・という気持ちでした。
そんな状態で、10.5km地点の馬返しの通過タイムは、1時間8分。目標タイムより2分遅いが、まだ諦めるには早いタイム。

ここから登山道、まずはトレイルに近い登り、トレイル区間が得意でない私は最低ライン周りの流れに任せて進もう!と決めていたので、流れについていく。
走る場所は、小屋の前の平地のみで、登っていく。
ここのペースは本当に他力本願、無理に抜いていくほどの力はないので進む。
あまりにも景色を見ないで進んでいたので、3合目の給水についたときは、あれ?2合目を通過した?って感じでした。
そんな感じで進み、五合目手前の舗装路まで、なんとか流れに乗って進む。舗装路に出て数100メートルを走ろうと思ったが攣りそうになって、歩いて進む。
確かではないが、このとき2時間5分くらいだったと思う。
舗装路から、五合目の佐藤小屋前まで行く、登山道の入り口で、あと300メートルという声が聞こえて、ぎりぎり2時間10分切れるかも?と思って進むかが、この300メートルが長かった・・・

大渋滞状態。。その状態になって2時間10分は絶対に無理だと諦めたけど、前になかなか進まない、時計は進む。。
下の方から、速く頑張れー!と前の人に進んでもらう声が聞こえる。
本当に進まない状態に、私もかなり焦る。。
このまま五合目タイムアップ??という絶望的な気持ちになりそうな気分に。
隣にいた女性も、「お願い!速く登って~お願い~」という泣きそうな悲痛な叫びが・・・ある意味地獄絵。。

そんな状態でも徐々に進んでいって、2時間15分で五合目を通過。。まさか?300メートル進むのに5分以上かかるとは思わなかった。。
予定では、2時間6分で通過する予定だったので、既に、10分近い遅れをとってしまった状態だった。

つづく。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 季節外れ より:

    こんにちは。来年当たりトレランデビューを目論んでいるんですが渋滞があるのか(・ω・;)マラソン以上にレースメイキングが重要になりますね。参考になります。

    • Hotcocoa より:

      季節外れさん。
      トレイルを練習じゃなくてタイムを狙うなら、試走を繰り返してレースプランを考えないとダメでしょうね。同じコースは2つないので大変だと思いますけど。
      それと、シングルトラックが多いトレイル大会では渋滞は起こると思います。
      そういう大会は誰かがブログでその事を書いてると思いますけど。

スポンサーリンク