シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

第63回勝田全国マラソン出場結果、詳細編 その3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

15km~20km(0::50)
15km地点を過ぎてすぐに左折、沿道の声援がまた増えてきて、私設エイドや、個人的にチョコや飴などを配ってる人達も多い。
勝田全国マラソンが暖かいと感じるのはこんなところなんだろうな?と思いながら走る。
また、誰かに引っ張ってもらおうかと思って女性ランナーをサングラスの下でギラギラと物色してたら、もの凄い勢いで抜いていく女性ランナーが・・・Fブロックのゼッケン。
後方スタートでここまで上げてきたとすると、よっぽどのペースで上がってきたらしい・・・その人がチラっと横を向いて、商店のガラスに映る、自分のフォームを確認してるようだったので、私も確認してみるか!と思って、チラッと確認すると

レスラーが走ってる。。。

2度見してもう一度確認したけど、
ぶっとい脚をあまり上げないで走ってる自分の姿に、幻滅。
恐らく、回りの人から見たら、このデブこの先に沈むに違いない・・・と思われてるな・・・と思って気落ちしながら走る。

実際、バテ気味なのか、そんなに激しくない細かいアップダウンで徐々にペースが落ちて行くのがわかってきて、17km付近の線路越えも結構きつく感じてなんとか乗り越える。
その先左折して、とりあえず、ハーフまでは何とかペースを粘ろうと思って走る。

20km~25km(0::17)
20kmを通過する頃には、徐々にペースが落ちてきてる感じがわかる、予定ではハーフまでは抑え気味で、徐々にビルドアップで上げて行ければと思っていたけど、そんな余裕はないらしい・・・

ハーフ 01:5:21で通過

ハーフを通過して、倍しても310分を切れない・・・残り体力を考えると後半上げられそうもないし、我慢大会に既に入ってる状態。
落ちるのを最低限にしたいと思う、ネガティブスプリットならぬ、ネガティブ思考に、そんなマイナス思考をしてたらお腹まで痛くなってきた感じ。
トイレに寄ることは避けたいけど、もし、激流のような痛みが襲って、走りながら耐えられなくなったら・・・とそんなマイナス思考まで
しばらくしてお腹の痛みが引いてきたのでほっとして、24kmくらいで、2本目のジェルを投入。
ジェルを飲んでしばらくしたら、また給水が欲しくなったけど、ずっと先を眺めても、給水所がありそうもない・・・我慢して走ってると、ありがたい事に私設エイドが、水をもらって復活して走る。
そして、25km手前を左折して線路の陸橋を越えて25km地点を通過。

25km~30km(0:23:34)
25km地点を通過、通過してすぐに陸橋の頂上へ、毎年思うがここがオールスポーツさんの撮影ポイント。
坂を上りきった一番苦しくて悶絶してて、格好良く走れないシーンの写真は買わないのでは?と思ったりもするけど・・・実際私のように、上半身も太くて短足の人間が若干上目から撮影されると、ただでさえ不格好が、醜い写真になる。
自分の現実を受け止められないなら、プリクラ並に加工してくれという事になるだが・・・
フルマラソンでは、個人的には、25kmから35kmまで区間が一番気持ちが切れやすい区間だと思っているので、また、良いペースで走ってる女性ランナーが居たので、ついて行く事に、恐らく今のペースで行くと、3時間15分切りはギリギリ行けそうなタイムなので、国際資格狙いかな?と思ってありがたく着いていく。
この区間で途中、毎年ある私設エイドで、牛乳を瓶で配ってるエイドがあるけど、いつか飲んでみたいと思いながらも、さすがに、さっきまでお腹が痛かった私は飲めない。
もう一つ、いつか寄ってみたいエイドがこの区間にあって、28km?付近の西原公民館のエイド、中でイスに座って、エイドの食事が食べられるらしい・・・誘惑に毎年負けそうになるけど、何とかそんな気持ちを振り切って進む。
例年、勝田全国マラソンは30km手前で脚がつりそうになったりする感じがあったけど、まだ攣らないで走れそうな感じを感じながら、30km地点の計測マットを通過。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク