シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

第59回勝田全国マラソン出場結果・・・最後まで諦めなかった!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク



1月30日(日)は、第59回勝田全国マラソンに参加をしてきた。この大会は、茨城県ひたちなか市で開催される大会で私が今まで参加した大会で一番遠い大会になるが11時スタートなので何とか前泊する事なく参加できる。今年は、茨城県3大1万人以上フルマラソンを制覇する為に、今年は勝田全国マラソンに初参加した。
行きは、なるべく体力温存で電車を座って行きたかったので、既に1ヶ月前に柏駅乗車の特急フレッシュひたち(7:50)の指定席を確保していたのでそれに乗るため、家を6時半前に出る。北千住駅で常磐線に乗り換えると、なんと勝田行きに乗車、とっても空いていてこの電車でもスタートにも間に合うため、もしかして何も特急の指定をとる必要なかったか?と思ったが特急フレッシュひたちに乗り換えるため、柏駅で降りる。
乗り換えまで時間があったので、立ち食いうどんで腹ごしらえ、天ぷらはもたれる可能性があるので、きつねにした。
7時50分にフレッシュひたちに乗車、車内はランナーだらけである、柏駅から勝田駅まで約1時間、車窓の代わり映えのしない景色を見て、ファンキー・モンキー・ベイビーズの曲を聴きながら軽い睡眠も入れたり、ツイッターでつぶやいたり、チョコを食べたりしてリラックスして快適に過ごす。4号車までは勝田止まりの電車なので寝過ごしても大丈夫だった。
8時54分に勝田駅に到着、ホームに降りると同じ電車に乗っていたランナーでホームは埋め尽くされて、大混雑の中ゆっくりと改札へ向かって駅の外に出る。初めての大会なので会場までの経路はわからなかったが、人の流れについていって、15分くらいで会場の石川運動ひろばに到着、会場は既にかなり人がいてどこに陣をとっていいのかわからなかったのでフィニッシュ地点からの経路からして近い方がいいかな?と思い参加賞引き替え所の裏辺りに陣をとる。陣を取り終わった後に、トイレを探すがトイレが全然見あたらない・・・会場案内図を確認すると、会場端にまとめて仮設トレイがある事を確認して、陣から遠いなぁ~と思ったが会場内出店等を見ながらトイレへ向かう。会場内をフラフラしてると10時から開会式のアナウンスとお偉い方の挨拶が聞こえてきたので、陣に戻ってスタイルを開始。今回は寒さ対策?として足の指と手の指とお腹には、ワセリンをたっぷり塗る事にして準備をする。
10時30分、スタート地点へ移動、事前にツイッターてスタート地点は狭いので早めにスタート地点に移動しないと前に並べないとアドバイスをもらっていたので、早めに移動して場所を確保、実際スタート時には歩道まで一杯の状態で遅くきたら後ろの方に並ぶしかなかったと思う。ツイッターのアドバイスに感謝!
スタート待ちでは、のど自慢大会のイントロ部の解説のような司会者のフリートークを聞きながら時間を潰す。11:00に、ひたちなか市長の合図でスタート!
目標はラップタイムをしっかり意識してサブ3.5で走る事を目標してスタートをした。

スタート~5km(0:25:20)
スタート地点まで30mくらい、スタート直後・・・動きません・・・歩いてスタート地点へ向かう。スタート地点が狭いのでこの辺りは織り込み済みなので流れに任せて歩いて行く。スタート地点を通過するとゆっくりだが走れるようになる。スタートから800m?くらい行くと大通りに出て、4車線の道路をぶち抜いて走れるので混雑は緩和される。事前のコースを調査ではこの辺りは、起伏があるという情報だったが、ペースがゆっくりだったのと体力的に余裕があるので、全然気にする事なく起伏の事も全く感じず、数メートル先だけを見つめて走り難なくクリア。(ただ、これは行きだけだったが・・・)この辺りは体を暖める程度を意識してペースも体感で走る。気温が低かったのでそれほど汗も意識せず走る事ができた。ラップタイムは、サブ3.5には若干遅かったがスタートロスを考えれば焦らないで急にペースを上げる事は止めて走る。

5km~10km(0:24:18)
5km過ぎから、少し細い道路に入る、このときには適度に人がばらけていて、狭くても気にならないで走ることができる。ここで暴走する訳にはいかないので集中力を切らさないように数メートル先だけを見て走る。途中、会話しながら走ってるカップル?の男女と同じようなペースになりしばらく併走してこの二人とは、抜きつ抜かれつで、20km過ぎくらいまで見かけていた気がする。7km地点からは、太い道路に入りよりばらけてマイペースに集中して走る事ができた。コースの周りは建物の少ないコースだが、沿道の応援はちらほら見かけありがたかった。ラップタイムは、目標ペースより10秒程度の遅れだったので、スタートロスを考えればこのペースで行けば十分と思ってイーブンを心がけた。

10km~15km(0:24:35)
この辺りも太い道路でマイペースで走る。だんだんと体が動くようになってきたので、ペースアップが出来そうだが、まだまだ序盤と押さえにかかる。途中、今日も女性ランナーのお尻を追いかけて、ストーカーをしようかと思って、一瞬、横顔が好みの女性の後ろにつくが、その時点の体力ではペース的について行けそうなペースだったが、先の事を考えて泣く泣くストーカーは諦めて、マイペースを意識。
15km手前の直線で、かなり長い下り坂から、かなり長い上り坂がずっと先まで見える・・・ここで心を折る訳にはいかないので、下りでタイムを稼ぐつもりでスピードアップして上りで気持ちが切れないようにイーブンで登る。体力的には余力があっので何とか息が上がる事なくクリア。
ラップタイムは、5秒くらいの貯金が出来たので、このままイーブンで行けば大丈夫と意識しする。

15km~20km(0:24:26)
この辺りでは、気持ち的には、まだまだ序盤だから、ペースをできるだけ一定保つ事を心がける、小さい起伏が数回あったような気がするが、上りでペースがあまり落ちないように、上りと下りで少しフォームを変えながら走るようにする。精神的にも体力的にもまだまだ余裕があって、何か他の事を考えながら走っていた気がする。この辺りになると数名だがオーバーペースで入った人が苦しそうにしてるのを見かけここでその苦しさだとキツイだろうな?と思って抜いていった。

20km~25km(0:24:17)
ハーフの正式通過タイムは、1時間43分44秒、サブ3.5のハーフラップタイムの貯金は、1分16秒、少し心許ないかな?と思ったが、スタートロスを考えればネットタイムではもっと余裕がある。つくばのハーフより、3分遅いが、つくばは大失速をしたので、いいペースだと思った。この辺りも小さな起伏を繰り返していたが、イーブンを心がけて走る。5km付近から見かけたりしていたカップルランナーはこの辺りまで見かけたが、女性の「少しペースが上がってるね!」の言葉を最後に後ろの方に消えていった。この辺りにきて喉の渇きは強くは感じないが、給水なしで走ってきたので、給水をどのタイミングで摂るか、パワーゼリーはいつ投入するかを考えながら走っていた。また、私設エイドが凄く多くなった気がした。走っていて私設エイドなのか、公式エイドなのか見分けが付かなくなっていたが、この辺りのエイドは全てパスさせてコース中央をひたすら走っていた。

25km~30km(0:24:15)
25km地点は、ちょうど常磐線を越える高架陸橋の上で、坂を上り少し息が上がって確認。2分程度の貯金があるが、多少不安を感じる。この辺りも私設エイドが多く立ち並び、27km地点で本大会初の給水を摂る。喉が渇いたというより、摂っておかないと後で脱水が怖かったので喉を軽く潤す程度だけ飲む。コースは、28km付近から細かく曲がるコースになるが逆にこれが気持ちが切れないで良かった。29km地点で、パワーゼリーを投入、ついでに私設エイドでレモンを頂いた。これは35km以降でのハンガーノックを予防する為にこのタイミングで投入した。
この辺りになるとさすがに足のふくらはぎに疲労を感じ初めていて、足の疲労で心が折れないようにだけは意識していた。

30km~35km(0:24:50)
この辺りになりと、細かい起伏がものすごく足にくる感じがした。特に34km付近の勝田GCの前辺りは、坂をのぼて少し下って、また登って下るを何回か繰り返したと思う。この日初めて、また坂かよ・・・って心中で嘆いていた。ただ、30kmを越えていたので、気持ちだけで、後半戦に入ってると自分に言い聞かせて走り続けた。ただ、起伏がボディーブローのように足にきてる事は確認できて、ペースが落ちる事だけは避けたい!と思って必死で足を動かした。

35km~40km(0:27:20)
ここまでくると時計のラップタイムとのにらめっこで走っていた、自分がとってもペースダウンをしている不安にかられる・・・1km走るごとに大きくペースダウンはしてないがやっぱり落ちてきてる事に少し焦る。37km地点からスタート直後の太い道路のコースに戻ってくる。スタート直後には全く気にならなかったが、事前にネットとかで調べていた、3回の大きな起伏が猛烈に苦しく感じる・・・
38kmくらいで、右足のふくらはぎとももに軽くピキっとしたつりが走る・・・危険を感じてつらないよう足を伸ばして、着地もかかとから足裏を伸ばすようにしてごまかしながら走る。タイムロスよりも、足がつったら数分の貯金もあっという間に使い切って終わりだと思っていたが・・・40km手前で恐れていた、つりが起こる。
うっ!といううめき声と、急いで縁石に手をついて足を伸ばす。つりはしばらく治まらずじっと耐えながら、過去3回のフルマラソン毎回足をつって、途中でペースダウンだったので、今回もか・・・と嘆く・・・これでサブ3.5も無理か・・・と半分嘆く・・・。
しばらく足を伸ばしていると、つりが治まる?感覚がなくなる?と思ってきて、ゆっくりと歩きはじめる。そのまま40km地点を通過。

40km~42.195km
40km地点を通過したとき、時計を確認すると、まだ、グロスでもキロ5分で走れば、サブ3.5でフィニッシュできる事を確認する。それでつった足を伸ばしたまま再度走り始める、伸ばしたまま走ってると、気持ちが焦っているので、だんだんと普通にフォームに戻ってきて、心でもう1回つったら終わりだがギリギリまで走ってみよう!と思って踏ん張って走る。沿道からは、後ちょっと、まだサブ3.5行けるよ!って声援を受けて走る。そして会場の石川運動ひろばが見えてくると少しペースをあげて、フィニッシュゲートが見えて横のあるタイムを確認すると、サブ3.5が行けるタイムだったのでラストスパートしてネットタイムが3時間28分14秒でフィニッシュしました。グロスも29分台だったので、正式にサブ3.5の仲間入りができました。

フィニッシュ後は、完走証をもらって、陣に戻ると、10km部門の表彰式が行われているようで、それを聞きながら言うことを聞かない体を動かして着替える。着替え終わり、出店ショップで乾燥芋をお土産用に、買って帰ろうと歩いてると、ちょうど勝田駅までの無料送迎バスが到着して、ラッキーと座って勝田駅へ。
帰りの電車は特急のフレッシュひたちは予約してないので、自由席に乗ろうかと思ったが、ちょうど上野行きの常磐線が着ていたので、北千住まで1時間半かけて、常磐線で帰ってきました。(携帯で調べたら、特急に乗っても10分しか家に着く時間が変わらなかったので・・・)

総評:勝田全国マラソンは、コースとしては、起伏が多いかもしれませんが沿道の応援も多く、私設エイドも多く、コースも折り返しのコースではないので飽きずに走れる感じがします。また、自分としては、最後まで諦めず走って自己ベストを更新して、サブ3.5も達成できたので非常に満足でした!
次は、3月の羽生ハーフマラソンで、自己ベスト更新を狙います!!

GPS時計計測
距離:42.331km
消費カロリー:4076kcal
タイム:3:29:19

Lapタイム
1km 0:06:01 (06:01 )
2km 0:10:50 (04:48 )
3km 0:15:40 (04:50 )
4km 0:20:35 (04:55 )
5km 0:25:20 (04:45 )
6km 0:30:12 (04:52 )
7km 0:35:07 (04:55 )
8km 0:39:58 (04:51 )
9km 0:44:53 (04:55 )
10km 0:49:38 (04:45 )
11km 0:54:38 (05:00 )
12km 0:59:38 (05:00 )
13km 1:04:28 (04:50 )
14km 1:09:08 (04:40 )
15km 1:14:13 (05:05 )
16km 1:19:03 (04:50 )
17km 1:24:03 (05:00 )
18km 1:28:59 (04:56 )
19km 1:33:49 (04:49 )
20km 1:38:39 (04:50 )
21km 1:43:34 (04:55 )
22km 1:48:24 (04:50 )
23km 1:53:14 (04:50 )
24km 1:58:06 (04:52 )
25km 2:02:56 (04:50 )
26km 2:07:46 (04:50 )
27km 2:12:34 (04:48 )
28km 2:17:26 (04:51 )
29km 2:22:16 (04:50 )
30km 2:27:11 (04:55 )
31km 2:32:01 (04:50 )
32km 2:37:01 (05:00 )
33km 2:42:01 (05:00 )
34km 2:46:56 (04:55 )
35km 2:52:01 (05:05 )
36km 2:57:08 (05:07 )
37km 3:02:18 (05:09 )
38km 3:07:18 (05:00 )
39km 3:12:33 (05:15 )
40km 3:19:21 (06:48 )
41km 3:24:31 (05:10 )
42km 3:29:16 (04:45 )
43km 3:29:19 (00:03 )


大きな地図で見る

コメント

  1. san-an より:

    お疲れ様でした!素晴らしい自己ベスト更新ですね。
    感動しました。

    千葉県市川市在住の35歳ランナーです。
    自分と実力の近いランナーを探していて、hotcocoaさんをこの1年ほどずっとチェックしてました。でも、怪しいものではないですよ。私は会社の走友会に属してます。
    昨年は偶然ですが出るレースがホント似通っていて、タイムもすごく近いです。手賀沼はnet2秒差です。

    そんな訳でずっと陰ながら応援していましたが、昨年つくばから今回の会心の走りで何かメッセージ残さないと気が済まなくて、コメントを初めて残しました。

    私の最近のレースです。今年からは出場レースが異なりますね。
    お互い頑張りましょう!

    <>.開催日 大会名 氏名 距離 タイム(グロス) 総合順位
    2011年01月09日 第12回谷川真理ハーフマラソン 21.0975km 01:33:41 860/9272
    2010年12月23日 第1回足立フレンドリーマラソン 10km 00:41:19 40/516
    2010年11月28日 エコシティー第30回つくばマラソン 42.195km 03:50:12 3320/9234
    2010年11月24日 第20回 坂東いわい将門ハーフマラソン 21.0975km 01:35:41 548/3130
    2010年10月31日 第16回手賀沼エコマラソン 21.0975km 01:44:03 1741/6071
    2010年10月17日 第16回市川リバーサイド健康マラソン大会 10km 00:42:25 86/905
    2010年10月10日 “健康都市宣言のまち”第19回流山ロードレース 10km 00:42:40 240/
    2010年10月01日 葛西臨海公園ナイトマラソン オータムステージ 10km 00:41:33 119/1115
    2010年07月02日 葛西ナイトマラソン サマーステージ 10km 00:43:59 139/1087
    2010年05月04日 第22回春日部大凧マラソン大会 21.0975km 02:04:18 2296/4729

  2. 猪瀬祐輔 より:

    自己ベストおめでとうございます。しっかり休んで3月のハーフに向けて走り出して下さい!!自己ベストを出して気分が盛り上がっているときは疲れを感じにくいですが身体は疲れていますので☆

  3. san-anonさん コメントありがとうございます。
    うぁ、本当に似通ったレースに出てますね!タイムは私より早いですけど、かなり近いので、私は前半飛び出し過ぎて後半失速で抜かれるタイプなので、絶対にレースで抜かれてますね(^_^; 
    ついでに、私が失速している大会も同じように、ゆっくり走られてようで・・・まさに私と同じ暑さにとっても弱いタイプ?なんて勝手に想像してちゃうような結果でびっくりです(^_^)

    今年の春シーズンは、かすみがうらと大凧以外は、昨年とは少し変えてレースをエントリーしてますけど、秋シーズンは、つくばメインのエントリーは変わらないと思うので、またご一緒するレースが増えそうです。
    お互いに頑張って走りましょう!!

  4. 猪瀬祐輔さん、コメントありがとうございます。
    おっしゃる通り、フルを走った後、1ヶ月くらいはいつも、いまいち疲れが残っていて調子が良くない事が多いので、自重して3月のハーフに向けて精進したいと思います。アドバイスありがとうございます!

  5. san-an より:

    仰るとおりです!春日部はファンランではなく失速です。(^^ゞ
    大会で初めて思いっきり歩きました。

    私の今後は2/6守谷5km、2/27藤沢10マイル、3/20荒川フル、4/22葛西10km、4/24東丹沢32km、5/4春日部ハーフです。
    東丹沢は初めてのトレイルです!

    実は私も前半早く入るので、スタート位置が変わらないとレース中でいるところはHot Cocoaさんとほぼ同じですよ。
    体重も70キロ後半あるので(身長181cm)後半は実にツライです。
    昨年のつくばでも死にかけました。

    今回のHot Cocoaさんの快走は素晴らしかったです!
    また、どこかの大会で一緒に頑張りましょう!!

  6. san-anさん・・・まさに、私の分身ですか?(o^^o)、私よりお歳は若いですけど
    身長、体重とも、ほぼ一緒で、私は179cmで、体重も70kg後半あります!!もともと、ラグビーをずっとやっていたので、これでも減らしてきたのですが・・・なので重量級ランナーの辛さは私もよ~くわかります(笑)フル4回走って4回とも30km以降に足がつってますから(^_^;、しかも風の強い大会ではお互いに風よけに使われていたはずです!

    今年からトレイルも始めるんですね!頑張って下さい!私も、今年からウルトラと7月には富士登山競走の5合目に挑戦しようかと無謀な企みをしております。
    春日部ハーフ一緒ですね!例年暑くなりますから・・・大失速しないように頑張りましょう~(^_^;

スポンサーリンク