シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

第1回はが路ふれあいマラソンは素敵な大会でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

なんだか、おもてなしの温かい気持ちを感じられた大会だったのでどうしても書きたくてね。
正直、第1回大会だからいろいろと計算が甘くて、問題が発生するんじゃないかと思っていたけど、本当に見事にその予想を見事に裏切られた大会でした(笑)
私が感じた事を羅列すると、
まずはシャトルパス、事前に朝は15分間隔、帰りは30間隔と事前に案内に書いてあって、普通の大会だとシャトルバスに乗るのに、長蛇の列にもかかわらず、列を作って待っていたのはバスの方で、待つことなくバスに乗って発車時刻まで待つことが出来ました。

会場でも、荷物を預けるコインロッカーを利用しますか?と聞かれたので、使いますと返事をしたら100円を入れるタイプなので、00円を渡してくれる配慮。私は、最初は意味がわからず自分が100円払って利用するものだと思って、ちょっと待って下さいって100円を出そうとしたくらいでしたから。

次に、参加人数2000人くらいで結局最終参加者(完走者)は1848人だったみたいで、こんな小規模の公認コースのフルマラソンにもかかわらず、コースは1車線をしっかり通行止めにして十分なコース幅でスタートからフィニッシュまで全くストレスなしのコースでした。ただ、コースは少しハードですけどね(笑)

あとは、沿道の声援。第1回大会に認知度も低くて、沿道の声援なんて少ないんだろうな・・・と思ったら、コース全体にコンスタントに声援をもらえて、たぶん、マラソンの応援なんて初めてなんだろうな?って感じの声援が多かったけど、これは本当に嬉しかったし、私設エイドや、その地域の自治体で出してくれたエイドなのか、結構ありがたいエイドもあったり、真岡鉄道が汽笛を上げて走ったりと、おもてなしの心を強く感じたました。

しかも、帰りのシャトルバスも、バスの方が待っていてくれて、発車した後はスタッフの人が手を振って送ってくれて、凄くこの大会良いよ!って感動しちゃいました。

あえて、改善したい点をあげると、フィニッシュ後の、豚汁への導線の案内がないので、もしかしたら食べ損なった人も多いのでは?と思ったりもしたけど・・・私は、しっかりと頂きましたけどね(笑)

たぶん、今回の開催には他の大会の運営をかなり研究したり、ランナーの関係者が関わって開催準備を進められたのでは?と勝手に想像してるけど。

来年も出るか?と聞かれたら、同じ時期に開催してくれるなら出たいと思います。
本当に数年後に人気大会になっちゃいそうで、そうなったら凄く寂しいけど・・・(笑)

でも、本当に良い大会でしたよ!!

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング
スポンサーリンク