シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

携帯が・・・汗濡れで?・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

今朝のジョギングで、スパイベルトに入れてジョグった携帯の液晶のバックライトがやられてしまいましたぁ~バックライトだけの故障なのでデータとか機能は動きますが、画面がほぼ真っ暗です。
ドコモショップに持っていきましたが、水濡れシートの一部に、濡れた形跡があると言うことで、修理に出しても、有償になるかもしれないと言われてしまいました・・・買ってまだ半年なのに・・・
水濡れシートは、携帯の電池パックを外したところ数カ所にある、赤いチェックのマークです、濡れると、赤いチェックが真っ赤になってチェックが識別できなくなります。
メーカー側が、水濡による故障のクレームが多かったために、水濡による故障である事を証明する為に導入されたシートなんですけどね!私は、以前からこのシートの存在を知っていまして、何かのときに、シートが濡れてほんの一部、チェックが確認できなくなってしまったのも知っていたのですが正常に動作してました、今回は、それをドコモショップに指摘されて、言われてしまいました。
すごくゴネたのですが、ショップの主張は変わらず、納得がいかなかったのですが、幸い私は、補償サービスに加入していたので、5250円払って新品に交換してもらう事にしました。
確かに、説明書には、汗による水濡れも、水濡れとして補償の対象外の記載はあります!ただ、携帯電話なんですから、汗で濡れる事も想定するべきだと思うのですが・・・
それと、メーカー側も水濡れシートも、一番、水が入りやすい電池パック周辺にあります(内部の見えないところにもあるらしいですが・・・)クレームの証明の為に導入するなら、その前に、電池パック周辺の、水濡れ対策を強化するべきだと思うのですが・・・
もしかしたら、防水携帯は、その為に製作されたのかもしれないですけど、逆に言うと、防水携帯以外は、湿気、水気には目っぽう弱いという証明なのかも?確かに軽量化、薄型が進み過ぎた気がしますが・・・
今後は、ジョグのときは、突然の雨もあるので、ビニール袋に携帯を入れる事にしました(笑)

No tags for this post.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク