シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

第8回小江戸大江戸200k出場結果レポ1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
スポンサーリンク


今回も、将来孫が出来て、おじいちゃん200km走ったことあるんだぞ!エッヘン!的にまだ見ぬ孫への自慢話のためと、今後のこの大会に出ようする人の為の少しでも参考になればと思って大会の様子をレポします。

ちなみに、昨日記事にしたGPSのフルログは結局は、Garmin Connectにインポートしてこんな感じです。

でも、少し違うんですよね…Garmin Connectにインポートしちゃうと、Garmin Connect内でデータポイントから距離や標高を計算しちゃうので、距離は修正したけど、Suunto内での数値はこんな感じです。

ちなみに、体重が重いので総消費カロリーが凄いことになってるけど、理論値だと2Kg減っているはずだけど、途中で取得したエネルギーと、今は身体の防御本能で保水力が上がってるので水ぶくれで太った気がします。
実際、昨日サウナに入って体重を量ったら、びっくりするほど増量してました、要するにこの無駄に消耗しない身体が超ウルトラを安定して走る秘訣なのかもしれません…。

それではレポの開始です。

例年通り、自宅最寄り駅を始発電車に乗車、電車を乗り継いで6時20分前くらいに会場最寄り駅の川越市駅に到着。

駅で、仲間に偶然会って、途中のコンビニで水2リットルとシュークリームを買って会場入りして受付を済ませる。
会場までの経路にコンビニは3軒あります。

そして会場に到着。

初めの受付で誓約書の提出、次の受付で参加賞のTシャツやお菓子、粉飴をいただく。ちなみに誓約書の提出は今年からです。
それと今年からついでに朝の準備に、フィニッシュ後に入れる、スーパー銭湯の湯遊ランドが使えるようになってます。

川越温泉湯遊ランド・ホテル三光 公式サイト

でも、私は5分くらい移動するのが面倒なので、会場建物の2階で毎年準備してます。
畳と床と半々のスペースで、例年私が到着する時間だと、ギリギリ畳の空きスペースを確保出来るレベル。
ちなみに、外にもブルーシートが敷いてあるエリアがあるので、そこでも準備出来ます。

スタート前は、結構慌ただしく、着替え、装備の確認やローションプレイ?ってくらいワセリンを塗る作業とか、忘れて途中でお金で解決できるものもあるけど、装備してないと失格になるものあるので、短時間で確認を行います。

スポンサーリンク

私は、このときふくらはぎ用のゲイターを忘れてきたことに気付きました
気温が上がる予報だったので昼間は短パンゲイターで行く予定で、夜は7分のタイツとゲイターがあれば、ロングタイツぽくなるかな?と思ってた作戦でしたが、忘れたことで、少し動揺。
代わりに、アームウォーマーでもそれらしく装着する?と思ったけど、格好の問題ではないんだよ!と自分で突っ込みを入れながら準備。
結局、それ以上のトラブルがあると思うから、まぁ~いっか!と思って開き直り。

準備を終えてトイレに行くと、カメラを装着して盗撮しながら走る有名な方と遭遇してトイレで手も洗わないで握手。
きっとイヤらしい映像が取れてしまったら編集して一人だけで楽しんでいるに違いない。

スタート40分くらい前に、準備が終わったので荷物を置きに。

荷物はゼッケン番号ごとの棚があってそこに自分で置きます。
小江戸(91km)が終わったときのドロップバックポイントにもなるのでそのときも自分で置いた荷物を出して装備を入れ替えて、戻して大江戸へ再スタートするので、本来なら荷物置きに置く荷物も大江戸のことを考えて準備しておいた方が良いかもしれません。

そして、仲間がいるエリアへ、例年同じようなエリアに仲間がいるので、そこに行くと今年も沢山の仲間が
私が出場する大会の中で一番仲間の参加率の高い大会なので、談笑しながらスタートを待つ。

スタート前の無駄に健康過ぎる方々の様子はこんな感じ。

相変わらずのスタート前の緩さです。
まぁ~ここに来る誰も楽に走りきれると思ってなくて腹をくくって来てますからね…

スタート15分くらい前から開会式等の諸注意についてアナウンス。

そして定時の8時スタートなのですが、一人一人が計測チップを計測器にかざしてのスタートになるので、直ぐにはスタートできません。
ちなみに、タイム及び制限時間もネットタイム計測ですので(注意:関門は違うかも?)、焦ってスタートすることはないです。
私も、5分くらいのロスタイムでスタートしました。

まずは小江戸91kmの様子はまた後日

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク