シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

第3回小江戸・大江戸フットレース出場結果その4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

91.4km地点の 川越エイド(20:12 経過時間 12時間12分)で到着

この川越エイドは、スタート前からここは要注意と思っていた地点で、スタート地点に戻ってくる訳だから、止めますと言えばお風呂も入れるし家にも帰れる、しかも既に91kmを走って来ているわけだから達成感も十分な気分で到着するところ。
そんな、悪魔が手を引く場所と思っていて長居は禁物!と思って、速攻で着替えを済ませて、預けていた荷物を入れ替える、特に地図と、携行食、バッテリー、着替えの入れ替えは注意して行い一応確認をする。
確認が終わって、エイドで少し給食をしようと思ったら、ここまで一緒に走ってきた彼が居て、
「着替えるの早いですね~」と言われて、「これからエイド食べます」と返事する。
そして、エイドで菓子パンや、果物等をもらって食べて、これ以上居ると体が固まると思って、彼を捜すが見あたらない・・・
先に行ったかな??と思って、私もスタートする。

スタートすると前にも後ろにも人が居ない・・・コースが猛烈に不安になって、地図を持って走ろうと歩きながらバックパックから地図を出す。
すると、さっきまでエイドで暖かい場所にいて、急に寒いところに出たせいか、猛烈な寒気が・・・大江戸に入ってスタートして200mくらい・・・これは体温が上がらなくなってるから絶対にもたない・・・と思ってブルブル震えながら歩く。
何か手はないかと思って、思いついたのが、持っていた、ホッカイロ!
2つを取り出して、お腹と胸に貼る・・・次第に氷が溶けるように暖まっていってなんとか動けるように、このときは思い付きで持ってきたホッカイロだったが、持ってきて本当に良かったと思った。コンビニでも買えますけどね(笑)

するとちょうど、紫ゼッケンの昨年完走者と女性が抜いて行ったので、後ろからついて行かせてもらう事に。
夜の川越の街なんて土地勘はないし、地図を見ても全くわからないので・・・・
話していると、とりあえず国道254号に出れば、後は都内入るまでひたすらみちなりということで、ついて行くのに必死のペースだったか、とりあえず前の人についていてって、国道に出る。

国道に出ると徐々に離されていってまたひとりぼっち状態で走る。
小江戸のコースと違って、車の通りも多く、信号も多いので信号で休める反面タイムはロスするし、やはり夜間走行で路面の起伏に多少の注意をしながら走る。
頭の中に武蔵野線を越えたら105kmと入っていたので、武蔵野線を越えてやっと105kmか・・・という気持ちで見る、既にこの時点でかなり歩いていて、こんなペースで大丈夫かな??と思って走る。

この辺りくらいで、22時スタートの大江戸ナイトランをスタートした人達が上がってきて、抜かれる。
抜かれるたびに、「お疲れさま~」と声をかけた。

110kmくらいで、後ろから「ウィ~~」と声をかける奴が・・・見ると、小江戸まで一緒だった彼で、「あれ?先に行ってるんじゃなかったの??」と会話をしながら、また一緒に走る事に。
走ると言っても、キロ10分をやっと切ったようなペースで進む。

彼と、走ってるとさっきまで彼と一緒に走ってた女性も加わって3名で走りながら走る事に、その女性は、どこかの超ウルトラで女性4位で、今回の小江戸、大江戸のコースも何回か自分で試走をしていたという強者。
もちろん昨年の完走者。ただ、お腹の調子が悪くて調子を落としていて、私たちと一緒に走ってくれた。
大江戸ナイトランの部門の元気の良いランナーを見ながら「やつらぴっちぴっちだよ~うちらは釣られてから1週間は経ってるよ・・・腐りかけてる」等と冗談を言いながら進んで、かなり助かりました。

私は、105km過ぎ辺りでかなりの空腹で、予定では成増のなか卯でエイドの1回目を使う予定だったのだが、ここで大きなミスを。。成増店を成増店と思わず、パスしてしまう失態。。。
その事に気づいたのが115km地点、次のなか卯は、国道254から山手通りで出た後の、要町とのこと、そこまで約10km以上、キロ10分のペースで走っても1時間40分
今後のためにもみんなと一緒のペースで走って行きたかったので、なんとかついて走っているが、さすがに限界で、先にいって下さいと告げる。

山手通りに出ると歩道は広いは明るいやでヘッドライトは無くても良いんじゃないかというくらい走りやすい。
そんなところを、必死の早歩きで、なか卯要町店を目指す、ただ、要町の交差点に到着してもなか卯がない・・・ちゃんと、コース案内を見て確認して進めば良かったのだが、実は2つのなか卯をここで逃していたらしい・・・
探すのをあきらめて、とりあえずと思って、コンビニに寄って、おにぎりを3つ投入する。
すると体は正直で体力が回復しはじめる。

そんな状態で走ってると大阪から高速バスで来たという人が、大江戸ナイトランの部門で走っていて、話しながら次のエイドを目指す。
もう、全国のウルトラマラソンに旅行をかけて行ってる話しをされて、凄いなぁ~と感心してしまった。
そんな話しを聞きながら

127.7km地点の 成願寺エイド(3:17 経過時間 19時間17分)で到着

前の川越エイドから約36kmで7時間以上かけて、このエイドまで長かった・・・

↓マラソンブログランキングに参加してます。
応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Error: Failed to retrieve data for this request.

Error: Failed to retrieve data for this request.

コメント

  1. すえ より:

    成願寺まではやっぱり長いですよね。わたしは朝霞のマックで食べてしまったのでお腹へっていませんでしたが(笑)。あたたかい部屋を用意してくださっていたのが嬉しかったです。
    他人についていくのはいやだけれど、やっぱり道が不安なのでぼくも誰かと必ず一緒でした。

  2. すえさん。

    成願寺までは、いったいいつ着くの??という感じでした(笑)
    エイドのあたたかい部屋は、ありがたかったですが、その後に、外に出たときの寒さったらなかったです(笑)
    今から思うと、よく頑張ったな・・・と思う(笑)

スポンサーリンク