シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

専用ボトルが面倒だから、YURENIKUIを選んだはずなのに・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

こんだけ暑い日が続くと、さすがに、10km以上走るときは途中で給水を入れないときついですよね・・・走り終わった後も、たぶん、途中でおもらししてもわからないくらいの汗だくですから・・・
そんな状態なので、少しでも自分のタイミングで給水出来るように、周回コースを走るとき以外は、以前ブログにも掲載したYURENIKUIを装着して走ってます。

YURENIKUIを買ったきっかけは、収納力と、なんと言っても自販機の普通のペットボトルを入れても揺れにくいという点を気に入って買ったはずなのですが・・・

最初のうちは、自販機のペットボトルのキャップを付け替えて走っていたのですが、来年の富士登山競走でYURENIKUIを装着するなら、途中で足す事も考えて専用ボトルみたいなタイプだよな・・・専用ボトルならどれが良いんだろう??とふと思って、
まず、自分で持っていた、CAMELBAKの610mlタイプ

これがきつくて入らない、ネットで調べると、CAMELBAKの500mlタイプは入ると書かれていたが、CAMELBAKの500mlはスポーツショップ数軒回ったけど売ってない・・・
それで、今回見つけたのがGREGORYの700mlボトル

かなり満杯に入れないと700ml入らないので、実質600mlくらいしか入れられないと思いますが、これならYURENIKUIにきつさはあるけど、しっかり入るので使えました!
今は、このボトルをこんな風に入れて走ってます

DSC_0043

なかなか快適です、ボトルは快適なのですが、YURENIKUIを毎回走った後に洗ってるので、そっちのが方がヘタるのが早そうです。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Error: Failed to retrieve data for this request.

Error: Failed to retrieve data for this request.

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク