シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

今から思えば私はたぶんあのタイミングじゃなければ走り出してなかったと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
スポンサーリンク

走り出すきっかけって、みんないろいろ理由があって、ランニング雑誌とかでもそういう特集が組まれたりするし、私も昔の記事で載せたりした事があったけど、かなり前の記事だと思うので見つからないけど(笑)
結局はきっかけだけではなくて、タイミングもあるんだろうな?って思う。

私が走り出したタイミングは、結婚して、子供2人も手がかからない訳じゃないけど、学校に行くようになって、仕事も安定した日々を送っていたとき。
走り出してから、もっと若いうちから走ってれば、記録はもっと伸びていただろうな?って思うこともあるけどでも、結局は、そのタイミングじゃなけば私は走ってなかったと思う。

そう思う理由はもしもシリーズみたいに考えると

もし、結婚する前の独身だったら:
独身のときって、ある意味、仕事以外の時間はほぼ自分でコントロールできる時間。しかもお金の自由もきく。そんな状態に私が居たらマラソンみたいにストイックに自己管理が要求されるスポーツが出来る訳がない、女性とも遊びたいし、もっと楽しい事にお金と時間を使いたいと思うに違いないし、そもそもマラソンで女性からもてるとは思わないからね(笑)

もし、新婚だったとしたら:
新婚だったとしたら、夫婦の時間も大切だし、作った料理に炭水化物抜いてるから!とか脂が多いと言ったら怒られるでしょ?ついでに言うと、新婚で、旦那さんが走ってどんどん痩せていったら、奥さん、毒盛ってるの?と噂されそうだし、そんなタイミングでは走れない。
だからって、今は家に居たくないのか?という深読みは禁止!

もし、子供が小さかったら:
小さい手のかかる子供が家にいたら、生まれたばかり赤ちゃんが家にいたら、そんなときに休日に大会だから!とか言って一日出かけるなんて事をしてたら、帰ったら家の鍵が変わってるか、大会で帰ったら家の荷物が全て運び出されてるかどっちかだね。

もし、仕事が安定してなかったら:
これはもちろん、走るどころの話しではなくて、そんな余裕は精神的に全く生まれないと思う、精神的に安定してない状態で趣味に没頭するほど、私は肝っ玉は座ってないから・・・

こんな風に並べると、尚更、走り出すのはあのタイミングしかなかったのかな?と。

自分がそんなタイミングでマラソンに出会ったから、逆に若くて、独身で、マラソンにはまっちゃって記録にストイックになっちゃってる人がちと心配。
自分のペースで取り組めなくなったときとか必ず来ると思うから・・・私も、この先何があるかわらないし、今のペースで取り組める保証も何もないけどね。

でも、シリアスランナーの中には、マラソンを愛するより、人間を愛した方がいいぞ!と思う人もいるからね・・・(笑)

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング
No tags for this post.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アレキ より:

    最後の一文がいいですね(笑)

    板橋の応援に行って、今回も顔を知らずに探してみたのですが、やはり無理でした。
    ホントはあれですか?シュッとしたランナー体型なんですか?(笑)

    • ほっとココア より:

      アレキさん

      板橋cityで人を探すのは不可能でしょう(笑)
      顔見知りでも探せないくらいなのに
      今の私は相変わらずのどすごい仕様ですよ!
      ちなみにここ数年で一番重い状態です。
      今、健康診断やったら間違いなく、少しくらい運動して下さいと言われます(汗)

スポンサーリンク