シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

トレイルとクロカンって何が違う???

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
スポンサーリンク

トレイルランの大会って結構あるけど、クロスカントリーっていう名前がついた大会ってあまり聞いた事がない。。なんかイメージ的にはどらもも山道とかを走りそうな感じが・・・
そこで、調べてみると、あら?結構同じ事に疑問を持ってる人が多いらしく、ブログ等にも掲載してるい人が多い。

ウィキペディアによると
Cross country running
草原など舗装していないところを走る長距離陸上競技。日本では単に「クロスカントリー」とも呼ばれている。
Trail running
ハイキング道や林道など、さほど高低差もない整備された道を快走するランニング。日本では陸上競技選手を中心に、俗に「トレイルラン」と呼ばれている。

と書かれているけど、トレイルってさほど高低差がない??結構あるところも走ってる気がするし、上の文章を見ると、クロカンの一部がトレイル?と思わなくてもないですね。。

gooの国語辞典によると
クロス‐カントリー【cross-country】
田野・丘陵・森林などを横断して設定されたコースで行う長距離競走。断郊競走。

トレール‐ランニング【trail running】
森林・原野・山地などにコースを設定して、走破するタイムを競う耐久レース。トレールラン。トレラン。

という事らしい・・・国語辞典の説明だと、高低差が少ないのはクロカンのような気がしないでもない・・
もともと言葉の定義ってあまりなくて、言葉の流行で、今はトレイルがよく使われてるような気が・・・
という勝手な解釈ながら結論に到達しました(笑)

↓マラソンブログランキングに参加してます。
応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Error: Suspended

Error: Suspended

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク