シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第二回 甲州道中 ”鳥の旅” 215kmランウォーク遠足出場結果(ラスト)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク


161km地点の高尾梅の郷まちの広場の第5チェックポイント兼エイドでは、定食みたいなものをが振る舞われて、個人主催の大会でマジか!と思った。

この定食みたいなもの他にも食べ物があってかなり豪勢だったけどね。

エイドの建物の中では寝てるランナーは居るみたいだけど、これから昼間になっていけば眠気は消えていくだろうと思って、中に入ることはせず。
外で頂いて、エイドを後にした。

エイド滞在時間にも他のランナーは現れず、しかも雨も一段と本降りに…
カッパを着るか迷うレベルくらい降っていたけど、蒸れをいやがって着ることはしなかった。

そして早朝の高尾市内、今まで走ってきたコースと変わって道路がいきなり広くなった感じがここまで来れば、どこでリタイアしても大丈夫だろう?という感じ。ただ、雨は早く止んで欲しいな…と思った。

エイドを出て少し走ったけど、そのあとはほぼ全て歩き。
たぶん、超ウルトラマラソンになると、完走者とDNFと違いは、全部歩いてでも完走するぞ!と思うか思わないか程度の違いしかないんだろうな?っていつも思う。
私もここから電車乗って帰ろうか?と本気で思いながら歩く。

高尾から八王子を抜けて日野市方面へ、一般の人をちらほらと見かけるようなるし、車の交通量も増えてくる。
まだ、残り50km以上あるから歩きだけでは長すぎると思ったけど、走る気にはならないで歩き続ける。

多摩川を越えたら、立川に入って国立を抜けて府中へ街の名前は知ってるけど、そんなに土地勘のあるところではないし街の変化も少ないのでひたすら我慢の一人歩き。
誰とも話さず、若干異物を見るような視線を感じ、汗で恐らく異臭もしたと思うけどひたすら歩き続ける。

この地域に住んでる人達には、ここから日本橋まで歩くという選択肢はないんだろうな?と思いながらひたすら必死の早歩きを続ける。

この区間、コンビニが沢山あって、トイレと補給には全く困らないのだけど、トイレを借りるのにコンビニに寄って何か買わなきゃと思って、飲み物買って、またトイレが近くなるという悪循環が起こって、膀胱破裂寸前で歩いていたりしたけど、たぶん多少もらしても汗でわからないだろ?とも思っていた。

一つの街を抜けるのが凄く長く感じる、府中を越えて調布へ。
調布のどの辺り?と言われるわからないけど、私設エイドを開設していてくれた人がいた、しっかりと頂く。

このあの辺りは日曜日の午前中、健康的にランニングを行ってる人が沢山居る。
そんな中を明らかに不健康な状態で、歩き続けてる人が通過する。
ただ、私が住んでるところより健康的に走ってる人は、こっちの方が多いな…という印象。

お尻ずれも酷くなってきたので、短パンを腰パンにして、インナーも半尻にして、がに股状態で進む。
調布がやたら長かった印象だけど、高井戸とかの標識が見えて、高井戸と言ったら、渋滞の名所で都心へのゲートでしょ?と思っていよいよここまで帰ってきたな…という感じに。

スポンサーリンク


この先をすぎると、標識が新宿まで○kmと、日本橋まで○kmという表記があった気がする。
脚はもう棒状態で、筋肉が固まってるのは、走ることは無理そう…という感じで、必死で歩く。
首都高速の下付近を走るようになって、一段と景色が変わらないし、標識も何とか高井戸ばかりで気持ちか萎える。

笹塚とか、初台とかを通過したら、次の207km地点の第6チェックポイント兼エイドの新宿御苑まで、もう少しと思って頑張る。
ただね、もう少しと思うとなかなか着かない…。
初台を過ぎて新宿まで遠く感じてもしかしてコース間違えたか?とか思って地図を確認しちゃったくらい…。
次は新宿抜けて新宿御苑の横のエイドまでも遠く感じてね…
そしてひたすら歩いたので遠かったこの区間を終えて、207km地点の第6チェックポイント兼エイドに到着。時間は、14時32分。

このエイドで飲み物とそうめんを頂く。
今回は暑くて水分がすぐに流れてるのでそんなに胃はやられてないようでしっかり食べられる。

残り9km、全部歩いて1時間半だと思って気合いを入れてスタート。

大都会に戻ってきた風景だけど、街を歩く人の中では異質な感じで、ひたすら必死の早歩きで進む。
四谷を抜けて、皇居方面へ、皇居ランナーが沢山走っていたけど私はもうランナーといえる状態ではなかったので、普通に沢山の人に抜かれる。

皇居から日比谷を抜けて、東京、大手町、日本橋へと抜ける。

日本橋を抜けて、浜町公園までは少し距離があるし道が不案内だったので、地図を確認。
信号を曲がったら、長い直線…。全く、どこに公園なんてあるのか見えない、ひたすら我慢で進んで、遠くにスタッフらしき人達が見えて、手を振ってくれたので走り出す。
そして、暖かく迎えられて、フィニッシュ。

16時30分に、41時間30分の旅を終えました。

私のウルトラマラソン史上、最重量体重で、最長距離を走って、最大活動時間を経験でしたけどね。

走り終わってみてみると、本当にこれが個人主催のイベントとなのか?という大会です…
コースも若干怪しいところあったけど、面白かったし、エイドもしっかり食べられて提供されてね…。
エイドの開設時間が決まっていて、スピード狂の人達でも通過出来ないのも面白いと思うしね。

今年でコースも何となく把握出来たので来年の開催も是非参加したいと思います。

スタッフ方々等の少ない人数で長時間で本当にありがとうございました。

次回は最重量体重で、最長距離を走って、最大活動時間を走ってみて学んだことを書こうと思います。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク