シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

第33回つくばマラソン出場結果、詳細編1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
スポンサーリンク

詳細編を書くと言い訳になるかと思ってどうするか迷いましたけど、そうならないように事実だけ忘却録で書こうと思います!
昨年同様、早い時間に車で現地入りして、7時過ぎには会場入り。
スタートエリアは紅葉が綺麗でした。
DSC_0319

DSC_0320

陣を決めて、会場を物色して、ファイテンのシールが切れていたのでショップで購入してうろうろと、ちょっとお腹が空いていたのでうどんでも食べようかな?とふと思ったけど、スタート前に食べるものは持って来ていたので我慢。

準備を開始、日差しがあって風もなかったので、これはアームウォーマーは要らないなと判断して、前日から意識してた足の足底筋膜炎故障痛みをごまかす為に買ったインソールを装着。一か八かの賭け。

DSC_0316

DSC_0315

スタート1時間前にスニッカーズを投入、40分前にトイレに寄って、30分前に、ショッツとスーパーヴァーム顆粒を投入してスタート地点のAブロック移動して
整列して待つ、背伸びした位置に整列。
9時17分から競技説明や、ゲストランナーの石原良純さんの挨拶、そして、つくば市長の合図で、9時スタート。

スタート~10km
好位置からのスタートだったので、スタートロスも少なくペースも良い感じで入れる。うかつに速いランナーに引っ張られないように注意するが、若干引っ張られ気味。
足の鈍い痛みは感じるが、まだ全然我慢出来るレベル。体の調子は重い感じ、疲労が抜けてないかな?と思ったけど、途中でそれも感じなくなるだろう・・・と思って、そのペースで押す。
5kmくらい行ったところで、サブスリー狙いのペースで引っ張られてる事に気付いて、落とさないと、後半潰れると思って、徐々に落とそうとペースをコントロールして、4分20秒~25秒の中で入るようにコントロールして走る。
自分でペースコントロールが面倒になってきたので、誰かに引っ張ってもらおうかと思ったが、丁度良いペースで走る人が居なくて、自分のペースで走る。
時々、オーバーペースかな?と思ったが、ペースを維持できれば息が楽なるはず!ということで、ペースキープで走る。そんな気持ちで10km地点を通過

10km~ハーフ
10km過ぎた辺りになると足の痛みが感じなくなってきてる、このまま痛みが感じなければこのペースで勝負できかも?と思って走る・・・終わってみれば、痛みを刺激し続けてて感覚が麻痺していただけだと思うのだが・・・
足の痛みが感じないので余裕が出てきたのか、そこで頭に浮かんだのが、あれ?車のライト消してきたかな?という事・・・帰りにバッテリーが上がったイヤだな・・・って実際昔は経験してるので・・・自分の車を降りる前の行動を思い出しながら走る。確か消したはず!という結論に達する。
15km付近から、ちょっと疲れを感じてるのを自分でも感じていて、このペースで最後までは厳しかもしれないが、貯金がある感じで走ってるきてるのでなんとか、目標の3時間一桁は狙えるのでは?と思って走る。
この辺りで、いいペースで走ってる女性ランナーが居たので、ついて行く。
18km付近で足の痛みを認識・・・うーんどこまでこの我慢出来る痛みで行ってくれるかな?と不安になるがまだ普通に走れるので行けるところまで行こう!と決意。
20km過ぎで折り返し、折り返しを回ったときに、痛みを強く感じる。。その後から、足を着くたびにズンという痛みが・・・それを頭で意識したとたん、足の着地がおかくして、痛みを感じないように足の外側から着地するように変わってきて、それでもペースを維持しようと、フォームが崩れていくのがわかる。
そんな状態でハーフを通過。

続きは後日。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク