シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

第16回 雁坂峠越え秩父往還142km走出場結果(CP3~CP6まで編)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

CP3(52km)14:12分に秩父市大滝川に到着
到着すると蜂に刺された人が多数いたみたいで
エイドのスタッフにポイズンリムーバー等で処置してもらってる人も・・・
ポイズンリムーバーを使って刺された5カ所も処置してたら、数十分経っちゃって無駄になるな・・・と思って
ジンジン刺された場所が痺れていたけど、とりあえずエイドのカレーを普通盛りでもらって、一気に食べて、果物を一気に流し込んで、水の補給をして、エイドを離れました。
ここで携帯を取り出してメールを送信。
エイドからは少しの間歩いて、蜂に刺された部分を確認、正直、ジンジン痺れて、正確に何カ所刺されたか把握出来ない状態。
スズメバチだったら、先の走ってる人の中で倒れる人が居てもおかしくないと思ったから、その様子はなさそうだから、スズメバチではないのかな?とか考えて、でも毒が回ったらどうするか?とか不安になる。
でも、ここで止めたくないので、どうせ!毒が回って体調が悪くなるのはアナフィラキシーショックだろ?私はアレルギー体質ではないし!と訳のわからない理由で開き直って進む。

峠を越えて来たけど、ここからはロードが90kmまだ残っているまだまだ序盤、無駄に体力を消耗しないように、上りは歩いて下りを走る作戦で進む。
この作戦で少なくても、残り50kmもしくは、残りフル1本分までは絶対に無茶してはいけないと思って走る。
幸いこのときは、雨も止んでいて、台風はどこに行ったのだろう?という感じで走る。

この区間も、単独走だったり、緑の鬼のコスチュームを着た人と一緒だったり、先に行ってもらったりと等を繰り返しながらね秩父の自然の風景を感じながら走る。途中にコンビニ等はないため、ジェルと羊羹を食べながら走りました。
そんな感じで、

CP4(67.5km)16:09 秩父市大滝大達原に到着
実は、このエイドあまり記憶ない・・・なんとなくあるのは、そうめんを何個か食べて、果物を放り込んで、トイレに寄った事、そんな事をして直ぐにまた走り出したと思う。
前日に食事をしてるときに、この区間は単調で距離も長いし(17.5km)コンビニもないから気をつけた方がいいと聞いていたので、バックパックに入れておいたグミやジェル、塩タブなどを歩きながら取りやすい位置に移動してから走り出す。
16時なのに雲が厚いせいか薄暗い、道を歩いていた人に台風はどうなかったか聞くと、夜には降るんじゃないかという事だったので降るまで少しでも前に進めたい気分だった。
この区間は確かに、秩父の自然は沢山なのだが、飛ばしてくる車、変わらない景色と単調な風景。確かに飽きる。
ただ、非常にありがたかったのが、私設エイドを出してくれるて方が多かった、この区間が長い事を知ってだと思うけど、非常に感謝します!
でも、私設エイドで撮ってもらった写真はもらえないのかな??なんて思っちゃったりもしたけど(笑)
この区間の途中から、かなり暗くなるので、ヘッドライトは次のCPを過ぎてからとして、先に、バックパックにチカチカライトを装着する。早めに自分に気づいてもらわないと、危ないですからね。
途中で隣に自転車で走ってる若者に話しかけられる
「どこから来たんですか?」
「甲府から雁坂峠を越えて・・・」
「雁坂峠っとあの山の方じゃないですか?」と指を指す。続けて「どこへ行くんですか?」
「川越までです。」
「はぁ~???どのくらい?」
「あと、70kmくらいかな??明日の朝6時までに着かないと・・・」
「ひぃ・・が、がんばって下さい・・・・」
なんて会話をしながら走りました。
この区間の終盤に久しぶりコンビニが現れはじめる、徐々に秩父の市街地に向かっていく感じ、信号も増えてきて、たまに足止めされる。
市街地に入ってきたから、次のCPは市役所の前だから、そろそろでは?そろそろでは?と思ってもいてもなかなか着かない。
結構、このなかなか着かないのも精神的に辛い、抜いて行く、過去完走者の方に、そろそろCPですよね?と聞いてみたら、私もそろそろと思ってずっと来てるんですよと言われてしまった。
そんな状態でやっと

CP5(85Km)18:35 秩父市役所前「熊木商店」に到着。
到着、まずはトイレで用を足してから、水の補強、確かご飯物があったので、2杯おかわりして、煮物みたいな物があったので頂いて、飲み物を飲んでいるうちに、途中一緒に走っていたメンバーが、ぞろぞろとCPを出発するのが見える。これからは完全な夜間走行、景色が無くなるので、誰かについて行った方が良いな・・・と思って、CPでの休憩もあまり取らずに、ヘッドライトを急いでバックパックから取り出して装着して、追うように後を追う。
信号等で離されそうになるが、なんとか追いついて最後尾につかさせてもらう。ただここから次のエイドまでは、ほとんどが上り坂という話しで、タイムが落ちるかも?と心配になる。

集団の最後尾について進んでたが、徐々になんかお腹の調子がおかしい・・・ゴロゴロする感じ。。前のCPで水のがぶ飲みをしたから??それとも何かあたったかな?という感じの痛み・・・
お腹が重くなってきたけど、ペースを落とせば行けそうだな・・・と、せっかく追いついた集団に着いていく事はせず、ペースを落として進む。
ただ、益々お腹の調子が悪くなってくるのがわかって、まずい・・・トイレに行きたい・・・と言う感じが・・・
でも、コンビニなんてどこにもありそうもなく、結構限界が近い感じが・・・
周りは草むらだらけだったので、この中に入ってしちゃうか?
でも真っ暗なので、草むらがどこまであるか分からなくて落ちちゃうかも?かと思って、道に近いところでしていて車のライトで照らされたら、しかも、してるところを後続のランナーに見られでもしたら、ゼッケン番号は前後についてるし・・・
ついでに、お尻出したら虫に刺されるだろうな・・・ヘビとかに噛まれたら・・・とかまで想像してしまう。
脂汗を出しながら必死に耐えて進む。
すると見覚えのある風景が・・・芦ヶ久保???あっ!奥武蔵グリーンライン42.195kmのゴール地点だ!確か駅前が道の駅だったはず!
ということで、もう爆発寸前の状態で、道の駅のトイレへ・・・人間としての尊厳を危うく失いそうになりそうでした。。
人間限界になると頑張れるようです。

出したらすっきりしたのか、少し元気を取り戻して走る、途中から、旧道にそれて正丸峠に向かう道を上る、ここは本当に真っ暗で、前のランナーが見える範囲をなんとかキープしようと思って走ったり歩いたりを繰り返して進む。
途中でフラフラになって進んでるランナーがいて大丈夫ですか?と声をかけると、這ってでも次のCPまで行きます!と言ってる人が居て、大丈夫かな?と凄く不安になる人が居たけど・・・
真っ暗な上り坂を自分のヘッドライトの範囲の視界と、前に見えるランナーを見失わないようにして、

CP6(99.5Km)20:55 正丸峠に到着。

次でゴールさせます。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. すえ より:

    甲府から雁坂峠越え秩父の市街を過ぎて正丸峠越えて正丸駅まではひとり試走したので手に取るようにわかります。長い、長いですよね。だらだら下りなのに走れないと自分のメンタルの弱さに辟易とします。

    道の駅あらかわを過ぎた所の踏み切りで躓いて大転倒して顔面強打しました。あれは痛かった!目から星が出ましたToT;;;

    • Hotcocoa より:

      すえさん。

      甲府から正丸駅まで試走したんですか???しかも一人で?
      それは凄い!その精神力があれば、来年は完走間違いなしですよ!
      私なら最高でも秩父駅で電車に乗っただろうな・・・(笑)

スポンサーリンク