シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

第16回 雁坂峠越え秩父往還142km走出場結果(前日編)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

昨年から出てみたいな・・・と思っていた大会の1つの雁坂峠越え秩父往還142km走に今回は出場してきました。
また、今回も今後この大会に出たいな?と思う方の私視点ではありますが、何かの参考になれば?という視点で出場結果を書ければと思ってます。

この大会の特長はもちろん、峠越えのコース的特長もありますが、まずは、前日受付しかなく、しかも、前日の競技説明会に参加した人しかスタートラインには立てないシステムになっています。
そんな大会なので、私も、前泊する為の宿をエントリーと同時に確保して、ホテルチェックイン時刻の15時頃に甲府駅に到着。特急電車も使っても私の場合30分くらいしか変わらないので、普通電車でのんびりやってきました。

DSC_0088

そして、予約していた駅前から徒歩2分?くらいの甲府ホテルにチェックイン、まぁ~普通のホテルという感じ、甲府駅前はこんな感じなのかもしれません。ちなみに、ペイチャンネルはありませんでした(笑)

ホテルに入って、翌日の準備をしながら、受付開始時間までの時間を潰す、16時~17時の間に受け付けだったので、16時頃にホテルを出て、受付会場に向かう、徒歩で15分くらい、途中、舞鶴城公園に寄って、少し甲府の町を眺める。

DSC_0089

DSC_0090

DSC_0091

DSC_0092

DSC_0093

甲府を町を眺めて受け付け会場に向かう途中に、前回の小江戸・大江戸フットレースでかなりの距離を一緒に走って、先月の富士山頂往復マラニックでも会った人と偶然の再会。縁がありますね~と言って、二人で受付会場へ。
受付で、誓約書を出して、参加賞をもらう。

DSC_0096
この他に参加賞はTシャツじゃなくて、トレーナーでした。写真は撮ってないけど(笑)

そのまま、競技説明会会場に入る。

DSC_0094

競技説明会では、まずは、4月に開催された川の道フットレースの入賞者の表彰、その後に競技説明、事故のないようにとしっかりとした説明会でした。私が出場した大会でここまで競技説明をしっかり大会は無かったです。
その後に、昨年の優勝者の方は、最年長の方、そしてスタッフの紹介なとがあって、しっかり1時間30分を越える競技説明会を受ける。

その後に、会場入りする途中に会った彼と、彼の知り合いが一緒に食事をする予定だったらしく、私もそれに混ぜてまらって、8名で食事に、甲府は、ほうとうだけでなく、B級グルメグランプリでグランプリに輝いた事もある鳥もつ煮も有名らしく、その店で食事。
もろちんB級グルメ付きものといえばこれ
DSC_0097

そして、これがとりもつ煮セット
DSC_0100

一緒に食事をさせてもらった人達には経験者も何人かいて、アドバイスをもらったり、ランナーとして情報交換をして楽しい時間を過ごしました。それと自己紹介もして、もちろん、このときは、私がほっとココアとは言いませんでしたけど(笑)

そして、解散して、ホテルに帰る途中に翌日の朝ご飯でお弁当と、ボトルに詰めるスポーツドリンクを2リットル買って、部屋に戻って翌日の準備をして、さっさと22時過ぎには就寝しました。

次からレースの模様をスタートします(笑)

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク