シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

東京マラソン2012出場結果 エピローグ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

前の記事はこちら

東京マラソン2012 スタート前編
 
東京マラソン2012出場結果 前編 

東京マラソン2012出場結果 中編 

東京マラソン2012出場結果 後編

Finishゲート通過後、取り敢えず時計を止める。
立ち止まらないで先に進んで下さいとアナウンスされるが、憧れていた東京マラソンを走ったよ喜びと終わってしまった寂しさと、もう走らなくて良いんだという安堵と、自己ベストを更新出来なかった悔しさが入り乱れた感情になる。
そんな時間を少し過ごしたいと思い、攣りそうなふりをして横にそれてFinishゲートを後ろから眺めてストレッチをする。

昨年までテレビで見ていた風景、近くにスタジオでもあってテレビ中継でもしてるのかな?と思ってキョロキョロするが見当たらない。
少しすると寒くなってきたので進みだす。後半落ちてきたのでロボットにはならないで進んで行くと、30メートルくらいの間隔で通過ゲートのような感じでアミノバリューからはじまって、フィニッシャータオルを肩にかけてくれたり、完走メダルを首にかけてくれたり、バナナ、みかん、東京の水、エアーサロンパスももらって渡してくれるボランティアの方々がみんなが温かく拍手と完走おめでとうございますと声をかけて迎えてくれる。
そんな姿を見ていて走っている途中の応援、給水ボランティアの方々とのハイタッチ、見やすいトイレ誘導とかを思い出して、こんな最高の大会はないぞ!と涙が出そうになる。
しかも、フィニッシュ後に精魂尽きたランナーなのだろうか?ボランティアの方が車いすで運んでいる姿も・・・そこまでしてくれるの?って思ってしまった。

そして手荷物引取り所へ荷物を預けたトラック番号毎の誘導看板がありビックサイトに入ると、そこにはきれいに並べられた荷物とゼッケン番号毎に分かれてボランティアの方々がいて、ゼッケン番号を見て荷物を持ってきてくれて、完走おめでとうございます!凄いですね!と声をかけてもらった。また、涙が出そうになった。
そんなとき、思ったことは、マラソンを走り始めて3年・・・EXPOのときから頑張って下さいと沢山の人声をかけてもらって、走ってる途中も途切れのない声援をもらって、Finish後もこれだけ多くの人におめでとうございますと言われた大会は経験がない、そんな全ての人の心も含めて全てが最高の大会に感じた。

荷物を預かるとビックサイトの展示ルームのかなり広いスペースが開放されていて、適当な場所に荷物を置いて着替える、先にFinishしてる人も多数いるので少し奥に荷物を置いて少しストレッチして着替える。
広いスペースの中に足湯のコーナーや女子更衣室が仕切られていた、ちなみに女子更衣室はFinishタイムが4時間30分くらい方々くらいから入るのに列が出来ていた。

着替え終えて携帯を取り出して、スタート前に一緒に準備した友達の様子を確認すると、自己ベストより30分以上速いペースで35キロ地点を通過している、凄い良いペースで走ってるのでそのまま頑張れ!と祈る。
体が固まってきて軽くダメージが出はじめたので強めのストレッチをして友達を待つ。
しばらくすると、待っていた友人からFinishしたとメールが届いて、待っていると友人と合流、友人の着替えを待って一緒に帰る事に、
実は帰るのも一苦労まずはビックサイトから出るのが大変、迷路のようにビックサイトをノロノロと歩き、途中の待ち合わせコーナーも物凄い人、一苦労して表に出れたらビックサイトの裏側でそこから国際展示場正門駅までも物凄い人の列、ノロノロと進んで駅近くまで行くも、乗る人が多いので国際展示場正面駅も一部経路を封鎖して遠回りの経路を作りかなりの行列。

私達は、お腹が空いていたので飲食店が入っているビルに入って飲食店を見るが凄い待ち状態、何故か?寿司屋だけ空いていたのでそこには入って腹ごしらえ。
寿司屋のテレビでは、ファミリーランの様子と制限時間まであと20分くらいのランナーの姿か写っていて、苦しそうな映像が。
私達は、お腹も一杯になって帰ることに、国際展示場正面駅からだと電車にのれない乗れないと思って、一駅前の有明駅に友人を送り、私は国際展示場駅から帰りました。

と、長々と数年間憧れていて東京マラソンの一日が終わりました。

東京マラソンに出場する機会を得て思うことは、私は、他の都市型の大会には出場した事がありません。ですからもしかしたら都市型の大会は全てそうなのかもしれませんが、私には東京マラソンは別格で、これだけ憧れていただけの価値がある大会だと思いました。
35000人のランナーに10000人のボランティア、沿道の応援、コース各所の催し物、トップランナーと同じコース、東京のど真ん中を通行止めにして走れる、それ以外でも暖かい心のつながりを感じられる大会、そんな全のことが、ランナーが気持ち良く走れるように支えてくれている。
実は、今回走らせてもらって・・・たまらなく来年も出たいと思ってます!お百度参りランでもして祈願するかな?(笑)

東京マラソン出場結果は、これで終わりです。読んで頂いた方ありがとうございました。

↓応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Error: Failed to retrieve data for this request.

Error: Failed to retrieve data for this request.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク