シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

安静時心拍について思うこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
スポンサーリンク

なんだか、すごくストイックなランナーっぽいタイトルだけど、実は1ヶ月前くらいから安静時心拍ということで、寝起きの布団の中で、血圧計を使って血圧と心拍を計測してスマホに記録をしている。女性で言ったら基礎体温のようなものか?
なんで?そんな事してるのかというと、高血圧だから・・・という理由じゃなくて、安静時心拍を記録してると筋肉疲労の度合いがわかると聞いたので・・・
それで、1ヶ月やってみたいところ、寝起きで尿意限界!というときは正しく計れないけど、睡眠の質が悪かったり、前の日に沢山走ったり疲れが残ってる感じがするときは、確かに心拍が下がらないんですよね。
これをうまく使えば、レース前の疲労度合いを見て練習量を調整できるかな??と少し思ったりもしています。

ただ・・・小江戸大江戸200kを走ってからは、この心拍が下がり切らないんですよね・・・
やっぱり、あやつ疲労だけは、筋肉の深いところにしばらく居続けそうな感じがします(笑)

でも、自覚症状がない疲労についてはこの方法も参考にはなるかな?と思ったりして継続していこうと思います。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. すえ より:

    なるほど。興味のあるタイトルですね~~。
    そっか~知らなかったです。
    勉強になるなぁ。

スポンサーリンク