シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ONTAKE100(旧大会名:OSJおんたけウルトラトレイル100K)出場結果詳細編(その3)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク


第1エイドの滞在時間は、5分も居なかったと思う。
座って休むより歩いてでも前に進むのが私の戦法なので…。
その前に、14時間切りが怪しくなるタイムで通過だったので、休んでる暇なんてないと思っていた部分もある。
そんなことを思いながら、毎回ブログに走って途中の写真がないよな…と思って歩いてる途中に写真を撮る。

第1エイドを通過出来れば、完走の確率はかなり高くなると言われてる大会なので、取りあえず完走は出来そうだけど、14時間切りが危うくなってきたので、第1エイドから第二エイドのこの区間は、出来るだけ真面目に走らなきゃならないと思って気合いを入れる。

何度も言うけど、コースの特色はない!しいていえば、山間の林道か、片側がない山際の林道で、路面の石のサイズ、色とかが違うくらいの感じ。
14時間切りの目標はまだ一応諦めていなかったので、上りは歩く、下りは出来るだけ走る戦法で進む。

第2エイド(63km)までのこの区間、途中に50km小エイドがあるけど、ボトルの水の残量が怪しくなって、わき水の自然水エイドを探しながら走ったけど見つからず、水分量を気をつけながら進む。
私は、最近水分量を気をつけて進むときは、水を一度口に含んでゆっくりと飲み込むようにしてる。

ボルトの水の残量が200mlくらいなったときに、何とか、50km小エイドに到着。時刻は6時50分頃だった気がします…
でも、GPS時計では48kmくらいで、実際50kmの距離表示もこれよりずっと先になるので要注意です。

小エイドなので、男前に水しかないので、水をボトルに補給。
ここで、仲間と会ってこのペースでは14時間難しいですよね?と話しながらエイドを離れてスタート。
たぶん、ロス2、3分だと思う。

事前調査でここから数キロはフラットな区間が続くので、飛ばせ!と書かれていたブログを見たので、ここは一応頑張って走って進む。
周りも走ってはいたけど、それ以上のペースで進もうと思ったのでこのフラットな区間でかなり抜いたと思う。

しばらく行くとまた上り、必死の早歩きで登る、大きめの石の上に足を乗せると、足首をひねりそうなのでなので一応気をつけながら…

この区間も水切れの心配があって、自然水がわき出てる部分を横目で確認をしながら進む。
本当に残量が怪しくなったときは、路面の水たまりでくめないか?と思って見つめたいたほど状態で進む。
幸い、そんな追いつめられた状態のときに、自然水のわき水があって助かったが…。

スポンサーリンク


長い上りを登って、まだかまだか思っているときに、コースに次のエイドまで、3.5kmとマジックで書かれた表示が
ただ、私のGPS時計では第2エイドまで7kmくらいはありそう…。

これは、色々なところでささやかれてる、主催者のOSJマジックなのか?それもと山の中のGPS計測だから、誤差なのか?少しでも近ければうれしいが…と思ってかすかな期待をして進む。
でも、その地点から4Kmくらい進んでもたどり着かない…。やっぱりダマされたか…と思って、第2エイド63Km地点に到着。

終わった後に聞いた話だけど、この次のエイドまで3.5kmは、わき水の天然水エイドまでの距離だったらしい…
でも、大半の人が第2エイドまでと勘違いしていると思うけど…。

そして、第2エイドの到着は8時間59分。
目標タイムより1時間くらい遅いけど、14時間タイム目標圏内には何とか追いついた感じ、次の第2~3エイドの区間は
手持ちのタイムシートの4パターンとも、あまり大差のない区間タイムだったので、次の区間でタイムを上げるのことは難しいな…と思って覚悟する。

第2エイドはドロップバックポイントで、預けていた荷物を受け取る。

私のドロップバックの中は、後半用のジェルや羊羹、経口補水液500ml3本、ペプシストロング、バナナチップ、帽子が入れてあった。
ここで急いで、装備の入れ替えを行う。
補給食を手当たり次第に、詰め込んで、ボルトの中を経口補水液に入れ替える。
そして、ペプシストロングを一気飲みして、ドロップバックを預け直す。
このとき唯一のミスをして、装備の入れ替えのときに胃薬をドロップバックに戻してましった。
あとで飲みたかったんだけどね…

そして、エイドの食べ物を見ると、バナナと、オレンジ、PowerBarのウエハース、後で聞いた話だとPowerBarのグミもあったらしいけど…
でも、お腹に溜まる食べ物は一切なし。もししっかりエネルギー補給したい人が居たらドロップバックに預けた方が良いと思います。
ドロップバックの袋も凄く小さい袋ではいなので、そこそこの量のものは入ると思います。
人によっては、水筒に氷りを入れて見つめたい飲み物とか食べ物を置く人もいるみたい。

私は、たぶんエイドには5分も居ないで、第2エイドを離れてスタートしました。

続きは後日。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク