シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

超ウルトラマラソンのスマホ電池対策(Androidのみ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

日本人のスマホユーザーの半数が、iPhoneを使ってる訳だけどその人達を無視した記事(^_^;

そもそもiPhoneは、防水ではないので超ウルトラマラソンに携行するのはあまり向かないのかもしれないけど、その前に私はAndroidのスマホしか使った事がないという理由で、Androidのみのねた。
どうでも良い前置きは良くて、本題に、超ウルトラマラソン等の20時間とか越えちゃうような大会に出ると心配なのがスマホの電池の状態、途中で写真なんて撮っちゃうと、最後まで電池が持たなかったりしてね。
この事については、前にも記事にした事があって、機内モードにして走れば電波の持ちがいいよ!とそのときは結論に達したけど。

この弱点は緊急の通話も受信出来ないし、メールとかもいちいち機内モードを解除して、データー通信を行って受信して確認して機内モードに戻すという面倒な事をしないと行けない。

今年も来月に、雁坂峠越え秩父往還142km走が控えてるから、スマホ電池対策はどうしようか?と思って探してたら見つけたアプリがこれ!

Battery+

battery_icatch02

というアプリ。
機能は、画面オフの時間はデータ通信をしない事も出来るし、設定で任意のタイミングで定期的にデータ通信を行ってくれる。
その上、電話の着信は受けられる。
ちなみに、指定した時間の間だけこの機能を解除することも出来ます。
これは、私が欲しかったアプリにかなり近いかも!!

これで、安心して超ウルトラマラソンへ参加出来そうだ!でも・・・途中でガーミンを充電する為に、モバイルバッテリーは持って走るのですが・・・(^_^;

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク