シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

自然放電をしてたGARMIN 405CXのその後

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

先週の日曜日の30km走をしているときの6km地点で強制終了して、電気という食べ物を食べてくれなくなっていたGARMIN Forerunner 405CX君ですが
自然放電して様子を見る間もなく、ウルトラマラソンへの衝動買いで、 Forerunner 310XTを買ってしまいましたけど。

その間も、自然放電で様子を見ていた、GARMIN Forerunner 405CXはというと、数日放置して再度充電してみました!すると・・・
充電すると、前にに出ていた症状の0%からいきなり100%になることもなく。。。電源も落ちる事もなく。

garmin

しっかり復活です。。
やっぱり、このモデルはバッテリーを管理するソフト側にバグがありそうですね・・・
ファームウェアのアップデートで修正されたはずだけど・・・
2年くらい使っていて2回目だけど・・・でも、レース中に起こる事もありえそう・・・
自然放電させると、そのソフトにリセットがかかるのかもしれない・・・

ノートパソコンのバッテリーの放電と同じかもしれないけど。。

ということで、GARMIN 2台持ちになりました。
うまくローテーションして使って、バッテリーを長持ちさせます!

本当にGARMIN 依存度が強いので、モチベーション復活です(笑)

でも、GARMIN 405のシリーズをお持ちの方は、たまに強制的に自然放電させた方が良いかもしれないですよ!

↓マラソンブログランキングに参加してます。
応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Error: Failed to retrieve data for this request.

Error: Failed to retrieve data for this request.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク