シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1回トレニックワールド110km in 彩の国 出場結果(その5)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

第7エイド 高山不動尊(70.6km)15時間40分(区間2時間14分)

エイドに到着して時間を確認すると、夜中の3時40分。試走でほぼ全部歩いて4時間ちょっとで西吾野駅まで行けてたので、制限時間との貯金が増えると思っていたけど、コンディションの悪さと試走は昼間で、実際は夜間走になる違いとで大きく計算ミスをしている事に気づいて、とてもじゃないけど、想定ペースでは進んでいないことに気づく。
それと、自分が全体でどのくらいに居るのか確認しようとエイドのスタッフに、何人くらいエイドを通過したか訪ねると、35人くらいと言われて、まぁまぁ~前の方に居るな…とそのときは思ったのだが…。

ここからしばらく下り基調になるので滑る足場にかなり神経を使いながら進む。この辺りは視界は悪くても他に迷うようなコースはなくて下れたと思う。試走のお陰かもしれないが…
下りながら思ったことは、前のエイドを35名通過したということは、後ろにまだ、180名近いランナーが居るわけで、とてもじゃないけど、あと1時間で何人も通過出来ないのでは??と、走りながら気づいた。

そんな状態で、一度下界に到着して、ロードを走って西吾野駅等を通過。路面に書いてある矢印が雨であまり見えなくて、前のランナーが間違った方向に行こうとしたので、そっちじゃないと呼び止めた。
そして、また今度は登りに切り替わる。登りが続く苦しさは、この登りが一番きつかったかも?しれない。

近くにランナーが居て、登りは私ががんがん飛ばして登るけど、下りはガンガン抜かれて、そんなことを近くにいる人達と繰り返しながら登っていった。
そんなとき、前のランナーが私がコースはそっち?と思う方向に進んで行ったので、大声でそっちですか??と呼び止めて、私的には素直に進むならこっちだと思う…と意見を言わせてもらって、もう一人後からきたランナーの3人で多数決で、私が思った方を選んで進んで合っていた…。恐らく、視界が良ければ迷うこともないところなんだろうけど、視界の悪さで冷静な判断を失いそうになる状態で進んだ。

それと、私は、ドロップバックでライトの電池交換をした際に、どうやら間違えて何本か古い電池を入れてしまって、どんどん光量が落ちてきて、予備電池も持ってくるのを忘れてしまったので、足場がよく見えなくなってきていて、早く陽が出てくれることを願って進んだ。

子の権現 天龍寺を通過する頃にはやっと陽か出てきて、ギリギリ弱い光量で助かったと思った。
ちなみに、ここを通るときエイドだと期待してた人が居たみたいで、エイドはここから3キロくらい先の竹寺ですと伝えると、がっかりしていた。

明るくなってきて、気温が上がることを心配したけど、ヘロヘロになっても行くしかないと思って、エイドに到着。

第8エイド 竹寺(80.6km)18時間18分(区間2時間37分)

エイドについておかゆを頂く、正直、ガツンとして食べ物が欲しいと思ったけど、後は、携行のジェルで誤魔化すしかないと思って頂く。
エイドのスタッフの方が次の区間は下り基調だけどアップダウンが激しくて…と言っていて、全体的にアップダウンばりだったよな…と思っていたけど、あとでそのスタッフが言ってる意味がよくわかった。
それと、ここで110kmの生存者が60名くらいということを知った…こりゃ~マイルの部門どころか、110kmの部門もサバイバルだな…と感じた。

エイドでお礼を言って、スタートする。しばらく進んでから、エイドのスタッフの方が言っていたアップダウンの意味がよくわかった…
急坂と、急下りがこれでもか!!と連発する区間。
正直、登りは足が動いていたので、平気だったけど、下りがぬかるんだ足場に、どうやっても慎重に足場を確保して下らないと大けがにつながりそうな下りなので、時間を猛烈にロスしてる事に焦る自分とだからってどうにも出来ない自分でストレスマックスで進む。
これが、これでもか!!っていうくらい繰り返されて、流石に私も、神経が切れていて、

「何だ?これはデブランナーへの挑戦か!!ふざけるな!!」

とぶつぶつと何回も呟いて仏のほっとココアも怒りを露わにして進んだ。
ここを走ってるときに、マイルの部門はここを2回走ってしかももっと悪路になる状態を制限時間内完走するのは無理だろう…と思ってしました。

この区間のこの急坂の繰り返しは、晴れてコンディションが良ければ若干タイムを縮められるかもしれないけど、ただ、どの走力の人も苦戦する場所だと思う。
途中で抜いた人に、これ本当にいつまで続くの??とうんざりする気持ちで愚痴りましたから(笑)

そんな区間をやって越えて、標高も下がってきて、下がってくると民家はどこ?道路はどこ?って探したりするけどなかなか見つからず。
しかも、この区間で雨が止んで、気温が上がってきてたので、今度は蒸し風呂になるな…って感じで進んで、やっと民家が見えて、ロードに出て東吾野の駅の方へ。

途中、曲がらなきゃいけいないところを真っ直ぐ行ってしまったランナーが遠くに見えて、走って追えないので、大声で「そっちじゃない!!」っと叫んだら聞こえたみたいで、良かったけど…。

駅前を通ったら久しぶりに一般人を見たな~と思って。エイドに到着。

続きは後日
↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク