シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

オン時間とオフ時間の充実度は比例してると思うのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク


昨日の記事で、亀井商店マラニックに参加してきた記事を書いたけど、私はこのマラニックに参加するときは、職場から1.5kmくらい歩いて新橋駅から乗車して鶯谷駅まで向かう。
新橋駅と言ったら、関東近郊の方はよく知ってると思うけど、サラリーマンの街と言われてる地域で、仕事帰りにリーズナブルな金額でお酒が飲める店や、下心の欲望を鎮めるような店も沢山あったりする街です。

そんな街を、私はほぼ定時で仕事を切り上げて、歩いて通過すると、既に飲み始めてるサラリーマンの方々に遭遇する。
決して、働いてなくて…という格好ではなくて、ちゃんとスーツを着てネクタイをしていたりする方々がまだ明るい時間だけど飲み始めているんですよね。

その人達を、人によっては仕事が楽でいいなぁ~とか、一昔前ならやる気のない社員的な目で見られたかもしれないけど、
私は、この人達はもしかしたら凄くオンとオフの切り替えが上手に出来るスーパーサラリーマンなんじゃないか?と思ったりしてね。

私も長い間サラリーマンをやっていると、オンの時間よりオフの時間の重要性を凄く感じるようになっていてね。
オフを充実させないと、オンが充実しないとも感じるようになってます。

ウルトラマンが戦えるのは3分であるように、人も長時間ウルトラマンのように戦える訳じゃないですからね

そういう意味だと、オフの時間を徹底的に大事にする夕方の新橋のサラリーマンの方々こそ、スーパーサラリーマンではないかな?と思ったりするんです。

ランナーの人達も、共通するところはありますよね、週末のオフモードになると本当にイキイキした様子をSNSに連投する人も
きっと平日も同じくらいの力を入れて、オンモードで頑張っているとは思いますけどね、いかんせん週末の疲れが抜けないことは別して…。

でも、オンの時間とオフの時間の充実は確実に比例してると思うんですよね。

定常的に残業してる人でイキイキしてる人を見たことがないですから、まぁ~定常的に残業してる人は、そもそも自分の中の定時がその時間に設定されてるだけだと思いますけど。

ということで、オフは徹底的に遊ぶ!それが、長年のサラリーマン生活で学んだことかな…
じゃないと、仕事も頑張れないですからね。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク