シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

2015板橋Cityマラソン出場結果詳細編(その1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
スポンサーリンク

今回も自分への備忘録を含んで、2015板橋Cityマラソンの出場の様子を振り返りたいと思います。
一昨年のブログの記事を読んだら、最寄り駅の浮間船渡駅に715分に着いたら余裕が無かったて書いてあって、それを踏まえて昨年の記事は、7時に着くように行ったら余裕があったと書いてあったので、今年は、その間を突いて、77分着の電車で向かう。

駅に着くと、既にかなりの人で、今年はいつもの会場までの徒歩コースが工事で通れない為、別のコースで会場へ向かう。
毎年この浮間船渡に着くと思うこと・・・ほんの数週間前に、この前の道を小江戸大江戸200kのときに瀕死の状態で走っていた事を思い出す、たぶん、小江戸大江戸のコースは普段歩いたら、たぶんコースのどこでもあの日の事を思い出すんだろうな?って思う。

人の流れについて行き、15分くらい歩いて会場に到着。
ブロガーだから、少しくらい写真を撮らないと!と思って、写真撮影・・・

DSC_0743

DSC_0744

この2枚までは良かったけど、
会場の雰囲気を撮ろうとした、この2枚、見事にイヤホンのケーブルが写り込む・・・
撮ってるときに全く気付かないくらいの鈍感力。

DSC_0745

DSC_0746

そして、毎年同じような場所だけど、トイレの近い土手に陣をとって、準備。
テーピング等の調整が必要な準備は家で済ませてきたので、他の着替えたり、ワセリンを塗りたくったりして準備をする。
今年は、例年より男子の小のトイレが少ない感じがしたので、これは早めに並んでおいた方がいいな・・・と思って、8時15分くらいにトイレの列に並ぶ、その時点でもかなり長い列で15分くらいかけてトイレを済ませて、陣に戻って最終準備をして、スタート地点へ移動して整列。
スタート地点に整列をすると、ちょうど開会式が始まって、偉い方々の挨拶、猫ひろしさんの挨拶、モデルの方?の挨拶などがあって、毎年おなじみの、競馬の有馬記念を彷彿させるファンファーレが流れて、定刻の9時スタート!

スタートから5km(0::1)
スタートしてノロノロとする流れに乗って進む。今回のレースプランは、どう考えても脚が最後まで持ちそうもなかったので、抑え気味で入って、万が一余力があれば、後半上げられれば・・・という感じのプランだったので、気持ちが鼻息荒く入りそうなところを、頭に抑えろと指令を出して進む。
幸い、裏腿はテーピングを巻いてるせいか、痛みや違和感がなく走れそう。
スタート直後に、月例赤羽でいつも見ている風景が見えて、少し親近感を感じながら進む、気温が上がってくることを考えるとなるべく早い時間にフィニッシュしたいとこの時点では思っていたけど・・・

~10km(0:22:41)
汗が出始めて、若干早いかな?という感じがしたけど、汗を止める方法もないので、気にせず走る。
景色は単調なので、なるべく周りの景色を見ないように、淡々と進む、恐らくキロ4分25秒ペースで進んでると思う同じチームの集団があったから、後ろにつかせてもらおうかと思って1kmくらい着いて行ったけど、今は着いて行けても、今日の脚の調子で最後までは絶対に無理だと思って、離れる事に。
それと、エイドの間隔が短いので、水分を摂りすぎると、後半バテるかもしれないし、かと言って摂らないと攣るので、水分量に気をつけながら走る。
本当に、見向きもしないで、淡々と走って10km地点を通過。

続きは後日。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク