シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

私がトレイルの大会があまり好きではない理由。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
スポンサーリンク

また、こんな事を書いたら炎上しちゃうかも?というような事が書くかもしれないけど、毎年1レースくらいしか出場しか出場しないトレイルの大会。
もちろん、普段ど平地民だから、普段の練習環境に恵まれてなく、休日も一日がかりで山まで出かけて練習できるほどの時間の余裕はない。
でも、トレイルを走る事は少し憧れる、普段とは違う山の中を走るのは気分も良いし、山の間からふと開けたときの景色とかも最高だと思う。

ただ、大会だと少し違う、やっぱりみんなタイムも気になるだろうし、シングルトラックの部分が多かったりすると、前の人にも後ろの人にも気を遣ってマイペースで走れなかったりする。
ただ、この部分は、トレイルコースを大会で走る為には仕方がない事だとは思っています。どうしたって狭いコースを沢山の人が走るのだから仕方ないかと・・・

ただ、気になるのはマナーですね。
渋滞でみんな多少気持ちをやきもきしてるところを横の空いたスペースついて一気に抜いて行く。高速道路の渋滞で言ったら路肩を走って抜いて行くようなものだと思う。
それと、人がたくさん並んで走ってる急な下りを、突進するような勢いで横から抜いていく、貴方一人がコケて谷底に落ちてもかまわないけど、誰かにぶつかったらドミノ倒しですよ!
あとは、声もかけない強引な割り込みで抜いていく、「右から抜きます」「左から抜きます」と声をかければ、大抵の人は道を開けてくれます。その声も出さないで、ダンプが軽自動車を突き飛ばすような感じで、ドヤ顔で、邪魔だ!的な感じで抜いていく人も居ます。
トレイル経験の浅い私にすると、図々しくて、順番も守れなくて、挨拶も出来ない奴が速いスポーツなの?なんて極論まで感じてしまいます。
正直、そういうトレイルランナーを見てると、同じランナーとしても不快な気分にさせられる事があります。

ほんの一部のランナーだとは思うし、トレイルの特性?で、たぶん、前半の渋滞とか密集を少しでも早く抜けてペースを上げた方がタイムも良いし、前半でロスしたタイムを後半で縮めるのは難しいというのもあるし、トレイルは走ってるとコースが色々な場面があるから、登りが得意、下りが得意とか、得意とする場面が違う事で、得意の場面で天狗になる人が居るのかもしれないけど。

でも、トレイルって何かと世間から色々と注目を集めてますからね、同じランナーから見ても、マナーって大事だと思う。
決して、ロードの大会、ウルトラの大会とかがマナーの良い人ばかりだと思ってないけど、トレイルの場合、狭い空間をランナーだけじゃなくてみんなで分け合って進む部分が多いから、より一層、マナーって大切なんじゃないかな?って思います。
私と、同じ事を普段、ハイカーの方々も感じてる人は多いかもしれないですね・・・

それと、ついでに書いておくと、富士登山競走の試走で、こういう苦情が来てるみたいです。
http://www.fujimountainrace.jp/forms/info/info.aspx?info_id=28800

私は、今年は富士登山競走を見送って、ビキニ女性を見たくて奥武蔵ウルトラにしましたけど、富士登山競走に出場するレベルの人だから、どちらかという上級者の方だと思うけど、そういう方々がこういうマナー?ルール違反した事が凄く残念でなりません。
しかも、苦情の内容から見ると、大砂走りをしたくないからという理由の確信犯ですからね。歴史ある大会をもっと大事にして欲しいし、迷惑するのはマナーを守ってるランナー達なんですから、個々の自覚は必要なんだと思います。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク