シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

真夏の夜のイベント実行結果、詳細編 その2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
スポンサーリンク

栃木県野木町で予定していたコースを40kmで折り返す。この辺りは街灯も少なくても、ヘッドライトを200ルーメンのタイプにすれば良かったかな??と思いながら走る。
折り返してすぐに、さすがに、吉野家の特盛りを食べてから6時間以上経ったので、スタートから背負っていた、クリームパンとかあんパンを食べながら進む。
ただ、あまり食べながら走ると、終わったあとに体重が増えてたりするのがマラニックなんだよな・・・と思ったり。。。

それと、走りながら考えた事は、あれ?このまま家まで走ったら、距離は80km走れるけど、銭湯に入るために着替えを背負って走ってるのは何のため??という事に気づく。
これはどこかで、銭湯に入りたいな・・・という気分になる。

そんな事を考えながら、復路も同じ利根川橋近くのコンビニに寄って、定番のドリンクとアイスを購入、このときは定番のガリガリ君の梨にしました。
コンビニを出るとちょうど、深夜の買い物に来た若者の集団に遭遇。
離れたところで、スゲーなあの人・・・っていう声が、
確かに、おもらし状態で、深夜走ってる奴なんて奇妙に見えたに違いけど・・・

そして復路の久喜市栗橋付近へ、またまたの歩道のジャングル状態、草が足や腕に触れてかゆくて仕方がない・・・もう、うんざりとと思って、道路の逆側の歩道へ行ってみると、そっちがは幾分か走れる、始めからこっちにしておけば良かった・・・と思った。

そしてまたまた、幸手市内、この辺りで60km、このときには、早朝銭湯をやってるのは、大宮の銭湯しかしらなかったので、春日部まであと10kmくらい走って、電車で銭湯へ向かおうと予定変更してました。
そして、幸手市内を抜けた辺りで、こっちの道を行けば、さいたま市の岩槻に抜ける道があったので、そっちの道へ進めば、お風呂のある大宮まで乗るの電車の距離が少なくて済むと思って予定変更して進む。

徐々に明るくなってきて、白岡町へ途中、ヘッドライトがいらない状態になってきたが、なかなか岩槻に到着しない・・・スマホで自分の位置を確認すると、岩槻までかなりある様子。。
ここでまたまた、予定変更で、一番近い駅の白岡駅を目指す事に、道がわからないので、数回スマホで位置を確認しながら、なんとか、なんとか白岡駅に到着しました。

走行時間と距離はこんな感じです。

DSC_0058

コンビニとか休憩を全部含んで計測しました。いちいち止めてるのが面倒なので。

そして、白岡駅から早朝の電車だから空いているからいいかな?と思って汗だくのまま乗車して、土呂駅で下車して、大宮やまとの湯につかって帰ってきました。
でも、残念なのは、これだけ走ったので、体重が落ちてるに違いない!と思って、お風呂に行ったら体重計が壊れてるというオチでしたけど・・

ただ、筋肉ダメージはほとんどなくて、怪我もなくイベントを終了した事は良かったです!!

ちなみに走ったコースはこんな感じ。。

map

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Error: Failed to retrieve data for this request.

Error: Failed to retrieve data for this request.

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. すえ より:

    すごい!最後までやりきれたのは立派。
    竜巻は大丈夫でしたか?

スポンサーリンク