シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

某ウルトラマラソン100km出場結果詳細編(その2)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

昨年のフルマラソンのタイムがギリギリサブ4ペースだったにも関わらず、後半かなり辛かった印象が残っているのにも関わらず今年はそれ以上いや、それ異常?のペースで入ってしまった。
もうこれから、使ってしまった体力は戻ってこないので、100kmウルトラの一番きついところの、60km~80kmくらいは地獄になるだろうな・・・と覚悟をする。
あとは、超ウルトラマラソンを数回走ってる経験から、ペースが落ちていくにもしてもゆるやかに落ちていく事を期待して走る。

50kmくらいからあれ?ペースが落ちて来てるかな?という事を体感出来るようになってくる。
ペースを確認すると、5分40秒前後、キロ6分がサブ10ペースだから、貯金は十分あると自分に言い聞かせる、キロ6分30秒で残り50km行っても大丈夫なはず!と思いながらも、もし気持ちが切れて歩いたら・・・という不安もあって粘りたいと思って走る。

60kmを過ぎると一段とペースダウン、キロ6分くらい、ここから貯金の切り崩しが始まる。エイドでの休憩時間を出来るだけ削って走る私の戦法もそろそろ限界で、エイドでおにぎり等をバナナ等を剥いて持って走る戦法に切り替えて行く。
ただ、先に覚悟をしいてたからか、もう止めたいという地獄はまだ現れてこなかったけど、残りの距離をフルマラソンを切って、頭の中では距離の引き算に切り替わっているが、頭でペースとタイムを計算を繰り返して走る。

70kmを過ぎてきて、残り30km走1本っと自分に言い聞かせる。タイムは超ウルトラランナー特有の粘り腰を発揮して、キロ6分をキープ。このまま、キープ出来ればなんとか、今後落ちてきても、サブ10をキープ出来るかも?と思って出来るだけ粘ろうと踏ん張る。ただエイドで徐々に食料を体が受け付けなくなってきたのか、その前に食べ過ぎたのかわからないが、飲み物と果物しか口に入らない状態になってくる。

80kmを過ぎて、ペースも6分15秒くらいまで落ちてきた、いよいよサブ10ペースをキープ出来なくなったので、貯金の切り崩しが始まったと覚悟。ここは感情を持たないで気力だけで進む。感情を持つと心が感情に負けて、神経の糸がプチっと切れて、一歩も動けなるのが怖かった。ただ、今までのウルトラマラソンの経験だと、何故か、足は攣らない。フルマラソンは確実に攣るのにこれが不思議だな?と思いながら、後何周!と頭でカウントダウンしながら気力で進む。

90kmを過ぎると、また一段とペースダウンが進む、途中、エイドでペースの劣化が激しいとつぶやいていた人が居たけど、私もその人と同じペースで劣化している。キロ6分20秒~30秒の間を走ることがやっと、ここまで来ると、キロ8分くらいで歩いたら、キロ10分くらいで歩いたらとかを考えてしまう。
歩いてもサブ10は行けそうな感じになってきたが、歩いたら本当に動きたくなりそうだったので、気持ちだけで進む。ラストの3kmくらいになっても、自分が壊れて走るのを止めるんじゃないかというくらいの感覚に・・・
それでも、サブ10の称号がどうしても欲しかったので、気力で進んで。

そして、 9時間43分28秒 でフィニッシュしました。

今シーズンは、怪我でまともに走れるレースが少なかったけど、今シーズンラストレースで大きな仕事をやり遂げた気分でした。

でも、実は、これからが大変・・・100km越えるレースに出ると毎回なのだが、しばらくすると猛烈な寒気。
フィニッシュ後にカップラーメンを頂いたが、寒気は全く消えず、適当に着替えて車のエアコンを30度設定にして、毎年行ってる土浦の銭湯まで行く。
ぶるぶる震えながら、脱衣所で脱いで、寒気でかなり萎縮したものをぶらさげで、体を洗うが寒くて仕方がない。
湯船に浸かって暖まればと思って湯船につかって、やっと人並みの感覚でしばらく浸かっていようと思ったら、どうやら、皮膚感覚だけが寒気を感じてるようで、体はのぼせあがって、気分が悪くなってきて、やばいと思って、着替えて動かない体で2時間くらいの道のりを帰ってきたが、そのときには、もう体調は絶不調、荷物を下ろす気力もない。
荷物はそのままで、家に入って、リビングに倒れ込む。

体温を測ると、39度6分、精根尽き果てるまで勝負した代償の疲労熱らしい。
何かを食べる気力もないし、寒くて痛くて仕方ないので、解熱剤を飲んで、布団に入って寝ることに、夜中うめき声を上げながらうなされました。

でも、翌日は、微熱を感じながらも仕事に行きましたよ!趣味を仕事に持ち込まない!秘技!幽体離脱を繰り返しましたけど(汗)

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

一応ラップタイム
1 05:11.4
2 05:22.1
3 05:17.1
4 05:20.5
5 05:19.9
6 05:18.3
7 05:21.2
8 05:20.2
9 05:17.1
10 05:20.3
11 05:17.1
12 05:16.3
13 05:16.4
14 05:17.5
15 05:18.1
16 05:18.4
17 05:17.5
18 05:24.8
19 05:23.2
20 05:21.0
21 05:23.0
22 05:17.9
23 05:39.6
24 05:10.0
25 05:12.7
26 05:18.1
27 05:22.5
28 05:13.2
29 05:23.7
30 05:20.5
31 05:17.8
32 05:31.0
33 05:08.2
34 05:16.7
35 05:16.7
36 05:18.7
37 05:30.8
38 05:17.4
39 05:49.0
40 05:11.5
41 05:27.4
42 05:24.6
43 05:40.0
44 05:31.1
45 05:24.0
46 05:29.2
47 05:30.5
48 06:04.8
49 05:35.8
50 05:28.0
51 05:39.2
52 05:31.1
53 06:15.7
54 05:36.9
55 05:40.2
56 05:43.6
57 05:48.5
58 07:27.1
59 05:47.9
60 05:45.9
61 05:44.6
62 05:42.0
63 06:58.2
64 05:58.1
65 05:51.4
66 05:50.1
67 05:48.3
68 06:48.6
69 06:05.3
70 05:54.3
71 05:58.3
72 05:54.4
73 05:58.4
74 07:04.9
75 06:24.8
76 05:49.5
77 06:00.6
78 06:01.5
79 07:01.3
80 06:15.2
81 06:05.1
82 06:14.3
83 06:10.7
84 07:58.1
85 06:15.8
86 06:19.1
87 06:09.6
88 06:13.4
89 07:17.0
90 06:19.8
91 06:21.2
92 06:22.1
93 06:21.5
94 06:20.0
95 07:40.6
96 06:32.2
97 06:34.4
98 06:25.8
99 06:11.7
100 06:21.4
101 01:55.1

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. すえ より:

    おめでとうございます。
    すごいなぁ。サブ10ってやっぱりすごい。ラップタイム見ていると壮絶さが伝わって来ます。50km過ぎまでサブ4ペースって・・・・ぼくにはかなり厳しい。
    やっぱり本物の強さがないと出ない記録だと思います。
    すごい。
    すごい!

    • Hotcocoa より:

      すえさん、ありがとうございます。
      サブ10はたぶん、後半落ちる事を考えると、フルはサブ4以下で入る事は必須だと思います。
      後は、どの大会でもそうですが、折れない心ですよね。。実際、私は自分のペースがどんどん落ちてるという意識は少なくてそのとき出せるベストで走っていた感覚でしたから。
      あと、歩くのはNGですね(笑)

  2. Mばら より:

    ラップ素晴らしいですね。ゆるやかに落ちていくまさに理想的?
    自分もサブテンするには入りを5:15くらいにして少しずつ落していき70kmまでは6分以内でいってそこから粘るって考えてます。
    50kmでの貯金が20~30分と思っててまさにそんな感じのラップ。

    ただ富士五湖は坂があったり信号があったり2kmほど距離が長い疑惑があったりと思ったようにはいかないのです。
    5回目のチャレンジなんですけど。

    • Hotcocoa より:

      Mばらさん。

      サブテン狙いで、5:15くらいで入るのって結構冒険ですよね。
      体調をベストに持っていければたぶん、気持ちで行けると思いますが、
      気付かない疲労とかが残ってると、3、40kmくらいで張りが出てくると思うのでそこでコントロール
      した方が良いかもしれないですね。
      是非、頑張って下さい!!!

      距離の話しをすると、小江戸大江戸200Kは、203kmと言われてるけど、実質210kmくらいあると言われてます(笑)まぁ~コースのどこを走るかわからないですもんね(笑)

  3. tomichinn より:

    凄いですね。
    100の翌日に出勤。
    39.6℃の熱の翌日の出勤。
    サブ10クラスの人は化け物だと思いました。
    強い気持ちを見習いたいです。
    楽しく読ませて頂きありがとうございます。

    • Hotcocoa より:

      tomichinnさん。

      何も凄くなくて、私は、小江戸大江戸200kの203kmの翌日も仕事に行ったりしてますしね
      ちなみに、誰にもウルトラマラソンを走った事を悟られないように仕事するようにも
      してます(笑)

スポンサーリンク