シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

富士山頂往復マラニック出場結果詳細編その3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

真っ暗なので、登山道の入り口もわからない、特に富士宮口の富士山の登山道も初めてで不安が一杯。
とりあえず暗い中を人影みたいなのが登って行った方向に向かう。
いきなり滑るような砂礫の登山道、五合目から登り初めてすぐに、下りてくる女性に声をかけられる、暗闇効果の影響なのか凄く美人の女性から
「マラニックの方ですか?頑張って下さいね!」と声をかけられた!

こんな綺麗な女性がどM、どSの祭典のこのマラニックを知ってるとは!と驚きと、普段女性に声をかけられる事がない私は、喜びで目が回りそうでした!
その喜びをかみしめて進んでいると、目が回りそうな感じが喜びからではなく、なんかおかしい事に気づく・・・

ヘッドライトを使った真っ暗闇での登山は初めてで、しかも、登山道は吉田口のような登山道を想像してたら吉田口より歩きにくい狭い、ゴツゴツした感じの登山道で、それがライトの範囲しか視界がない影響で目が回って凄く登りづらい・・・
こんな登りづらいのを山頂までなんて絶対無理だ!と心の中で叫んで、へこたれてました。
精神的にはかなりへこたれていたけど、とりあえず脚を動かして前に進む、登山道がもの凄くきつい・・・何回も立ち止まる。時々、石に腰掛けて休む。
絶対に、この調子では富士山頂までは登り切る事はできない、50kmのロードの坂道を走ってきた上に、この登山道は完走率が低い理由も凄くわかった気がした。

やっとの思いで六合目に到着。すると山小屋を開いていてくれて、300円でスポーツドリンクを購入して、減っていたボトルに入れ替える。
これはこの先の水に不安を抱えていたので、本当に助かりました。

山小屋で長く休むと魂を抜き取られると思ったので、すぐに登山を続ける。足場が悪くて、何回もへこたれそうになる。。他の登山をしている人と同じペースぐらいでしか進めない・・・
7合目辺りまでは、ウィンドブレーカーと雨具の重ね着は暑く感じたが、徐々にそれでも寒いような感じに・・・
疲れて、岩場に座って、見上げた夜空の星は最高に綺麗で、岩場に座って、休むたびに、空を見上げてました。

休んで呼吸を戻して進むが、登りはじめると直ぐに呼吸が荒くなる、耳の奥でトックントックンと脈が速く打ってるのも聞こえる・・・
今まで、高山病かかった事はなかったけど、なんとなく高山病かもしれない・・・と思って、呼吸に気をつけて、登るペースもよりゆっくりして、ガーミンのラップタイムを確認すると1kmを進むのに58分かかってくらい、辛さでゆっくり進んでいました。

そしてやっとの思いで8合目、この辺りで外が明るくなってきてご来光が。
ちょうど、富士山の斜面と、雲海と、ご来光で、算数の角度を求める試験問題に見えました。

DSC_0028

天気が良ければ、太平洋も望めるという話しを聞いていたけど、下を眺めると完全な雲海でした。

DSC_0026

この辺りから頂上付近は見ることができるのですが、そこへ向かう登山道の渋滞が凄い事がわかる。ご来光を頂上で見て、下山してくる人と登ってる人で渋滞が一層に激しくなってきてる様子。
私が登るまでの間に、渋滞が解消されれば・・・と思いきや、9号五尺を過ぎてしばらく行くと渋滞に、しばらくは渋滞の流れが丁度良い感じで、その流れに合わせて進む。
そのゆっくりとしたペースで呼吸も戻ってくると、このペースではこのままずっとはマズイよな・・・と思って、少しづつ横から前に出させてもらって進むことに。
そんな渋滞をすこしづつ前にでて登らせてもらって、やっと、富士宮口の頂上に到着。
予定していたよりも時間がかかってしまったので、休む暇もなく、日本最高峰の剣が峰へ向かう、この剣が峰へ向かう砂礫の坂がこりゃまたきつい・・・
滑るようなシューズを斜めに差して必死にエッジを効かせて進む。
剣が峰へ登る階段も大渋滞、このままではいつまで経っても到達できないと思って、また少し横から前に出させてもらって、

第6チェックポイント CP6富士山頂3776米 (56.0km)6:00

に到達。やっと折り返し地点で、スタートから約12時間経過。
ちなみに写真に写ってるのは私ではありません(笑)

DSC_0034

これからは下りがほとんどなので、うまく行けば完走できるはずと思って折り返す
剣が峰で会った同志のランナーに、お鉢巡りはしますか?と聞かれたが、完走を最優先したいので、お鉢巡りはなしで下山をすることにました。

DSC_0033

長くなって申し訳ないけど
つづく(笑)

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク