シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

実は肝トレ歴はランニング歴より短いのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
スポンサーリンク

どういう訳か、ランナーはお酒好きが多い気がする、そんな事いうと私は全然飲めないんですけど!とか突っ込みを入れたくなる人もいるんでしょうけど、相対的な私の印象のお話しね!
そんな私はというと、実は、ランニングを始めるまで、お酒は飲まなかったんですよね。学生のときにラグビーをやってましたから、確かに飲まされましたよ、社会人になっては、お酒を飲むのは、仕方なく飲む席だけであって、それ以外に飲むことはなくて
当時はたばこを吸ってましたから、たばこは無くなると困るけど、お酒がこの世から無くなっても何も困らないな・・・と思ってましたけどね。

それが、何でしょ?ランニングをするようになって、ツイッターとか見てると、皆さんストイックに走った後も、肝臓のトレーニングに励んでるではないですか?
なんか、そんな様子を見てると、あ・・・私も飲みたいと思うようになってきて、今ではほぼ毎日(^_^;)

飲まないと眠れなくなるのでは?と思うことで、不眠になりそうな程度の中毒。

ただ、走ってから飲む人の気持ちが飲むようになって少しわかった気がして、走るってストイックに自分を追い込んでいて、ある意味、緊張状態なんですよね。
それを走り終わった後に、アルコールの力を借りて、解放してあげるみたいな感覚なのかな?って。。

ただ、アルコールを分解するのに、大量の水が必要だから、汗かかいた後は先に水分補給が必要ですけどね!

これからも、ストイックに肝臓も鍛えて行きますよ!!
こんな記事書いてるけど、決して、お酒は強くないですけど。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク