シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトル

なんと!歩くのが遅いと!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

実は、私は歩くのが遅いんです。
前々から気づいてはいたのですが、一人で歩いている分には急いでいるとき以外は、気にすることもないのでのんびり歩いていたのですが、
今朝、出勤時に携帯電話が行方不明になって、自宅を出るのが遅くなったので、いつもより少し早めのペースで歩いるにも関わらず、いつも見かける身長も同じくらいの人に歩いて簡単に抜かれてしまう。

おかしい・・・この差はなんだ?と思って、その人の歩きを観察して、同じペースで同じ歩数で歩いてみる、それでも、離されていってしまう。
ということは、明らかに歩幅の差・・・もしかしたら、歩くのが遅いから、走るのも速くならないのでは?と考えてしまう。

そこで、通勤途中に、歩くのが遅い事について調べてみるけど、驚愕の調査結果が・・・

「歩くのが遅い人、認知症リスク1.5倍」米の国家的調査研究」 

「歩くのが遅いと寿命が短い」」

この記事によると、私は、認知症になりやすくて、寿命も短い可能性があるのかと・・・
確かに、最近物忘れが激しい感じはするし、人の名前とか、言葉が浮かばなくて、上を見上げながら考える事もある・・・

ただ、歩く速度と、走る速度が比例する研究結果を出してる内容は見つけられなかった・・・

ということは、私が歩くのが遅い原因は何?と考えてみて、どこかの筋肉が弱いのかな?と思ったりもしたけど、
ひらめいたのが、股関節とか足のつけねや骨盤周り体の硬さが原因では??と・・・それで、歩幅が出ていないのでは?と
確かに、体はものすごく硬いですからね・・・

骨盤周りの柔軟性は、走る事へも有効なはずなので、少し重点的にストレッチを入れて行こうと思う。。
このまま認知症になる訳にはいかないですから!

↓応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Error: Suspended

Error: Suspended

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク