シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1回トレニックワールド110km in 彩の国 出場結果(その4)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 29
スポンサーリンク

エイドに到着して、カップラーメンにお湯を入れてもらう、それを持って体育館に入って装備の入れ替え。
ライトの光量が落ちてきたので、電池の入れ替え…と思ったら、入れた場所に電池がない…鞄をひっくり返して探したら
ゴミを入れていた袋に入っていて急いで電池の入れ替え、ただこのとき痛恨のミスをしたことが後からわかったけど…

他に携行食の入れ替え、柿ピーを持っていたけど雨の中で柿ピーなんて食べられないと思っていたので、全部出して、持っていたジェルを6本くらい追加。
水に溶かしてカロリーがあるドリンクを作る粉?をバックパックの取り出しやすい場所に移動して、ガーミンの充電とかもやっていたら時間が過ぎてる…
お陰で、10分どん兵衛どこか、15分ラーメンが出来上がる。ぬるくなって来ていたので一気に食べる、飲み込む。

そして、少し遅れて到着した友人に先に行くね!と言って体育館を出ようとしたら、ちょっと外に出ることを怯むくらいの豪雨…。
一緒のタイミングでスタートしようとした人が、少し待った方が良いかな?ボソっと口にするレベル。
しかも、みんなレインウエアを着てるのに、私は着ないで進もうと…一応、レインウエアはちゃんと携行して参加してたけど、ただ、寒くなければ蒸れるので着ないことにしていたので…

勇気を出して、同じタイミングでスタートしようとした3人でスタート。

ニューサンピア埼玉越生 11時間53分(滞在時間 26分)

スタートしてからすぐ、やっぱり寒い…レインウェアを着た方がいい?と思ったけど、すぐにトレイル区間なので土砂降りの中で着る訳にはいかないと思って、動けば暑くなる!!と思ってラーメンを食べたばかりなのに容赦なく走って進む。
ロード区間に出ると、アスファルトに跳ね返る雨も凄くて、これで強風だったら台風だよ…って感じ。
この時点で、私は、全体の状況は把握出来てなかったけど、ニューサンピア埼玉越生を私が制限時間1時間前出ていてるとすると、あと1時間でそんなたどり着かないと思うから沢山の人が棄権するだろうな…って感じてました。

ロードを2kmくらい進んで、五大尊のあたりからまたトレイルに入る。
実は、私はこの辺りから、西吾野駅までは試走を1回やっていて、ほぼ歩いて4時間15分くらいで歩いていたので、この先の区間で制限時間との貯金を増やせるかな??と思ったのだが…。
山の中に入ると、雨と霧でものすごく視界が悪くなる。コースロストをしないように、かつ、足場の悪いところを避けて進むので、神経をものすごく使った。
実際、コース看板を見つけて、矢印の方向に向かったが、あれ?もしかして見間違え?と思って再度少し戻って看板を確認したことが何回もあるくらい、視界が悪くてコースロストを恐れていた。
登りはそれほど怖くないけど、下りは滑って転ばないように慎重にゆっくり進むところが何回もあって、エイドに到着。

第6エイド 桂木観音(62.1km)13時間25分(区間1時間32分)

エイドに到着。土砂降りの雨の中、テントの中にいるとはいえスタッフの方々も大変そう…途中、マーシャルの方とか沢山会ったけど本当に頭が下がる思いでしてた。
このエイドでフルーツポンチを沢山頂いて、元気をもらう。マイカップ一杯にもらおうかと思ったけど、後続ランナーの為に我慢した。
そして、また、土砂降り暗闇の中へ…。試走では次の区間で関八州見晴台まで一気に500メートルくらい登るきつい区間がくると覚悟して進んだのだが…
コースはドロドロもあったり川になってるところも、V字にえぐれてる部分は真ん中が川になってるので、足を開いて大股で進んだけど、私が大きいから出来るけど、小さい女性とかは無理では?思うところも
ここでも、雨と霧で視界が悪くて、目の前にいきなりコースがなくなって、このときは本気で焦った。
視界が狭いから、周りをライトで照らしてもどこがどうだかさっぱりわからない。
正直、このときはコースロストしてたとしても、これだと朝まで動けないのでは?という不安に…。少しコースを戻ったら、コースを表すリボンが見えて、自分のコースロストが本当に少しで良かった…と思ったけど…。
土砂降り雨の中、いくら低い山でも朝まで止まっていたら、低体温症のあるな…と考えたら怖かった。

いろいろなアクシデントがあったけど、なぜか?登りは滑りながらもガシガシ登っていて、関八州見晴台まで。。実は、視界が悪すぎて関八州見晴台に到着してることがわからなくて、いきなりコースが下りになって、下ってしばらく経ってから、あそこがそうだったか…っていう感じで実は全くこのピーク辛くなった(..;)。実際、土砂降りの雨と霧で2、3メートル先しか全く見えない状態だったから…唯一、このレース中に視界が悪くて助かったことはこの事だけ。

下りは相変わらず、めちゃめちゃ遅いので、登りで抜いた方々に道を譲りながら下って、第7エイドにエイドに到着。

続きは後日。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク