シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第37回つくばマラソン出場結果(その1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク


今回は3年ぶりにつくばマラソンに出場して、今後の自分の備忘録の為にも記録に残しておこうと思うことをメインに記事を書こうと思います。

朝は3時45分に目覚ましをセットして起床、4時には車で家を出る。
朝からお腹がゆるくて、途中2回ほどコンビニでトイレに寄って、大会会場付近へ向かう。
5時30分頃駐車場(ノンオフィシャル)に到着。

3年前はこの時間だと余裕があった駐車場は、ほぼ満車、何とか数台空いていて止めることが出来た。
近くにある公園のトイレで、本日3回目…。お腹が緩すぎて大丈夫か?という不安しかない。

早朝からラグビーのテストマッチでフランス代表との試合がテレビ放送されていたので、それを見ながら準備。
前回ワールドカップの劇的な南アフリカ戦も、雁坂峠越え秩父往還145km走の日の早朝のホテルで見たので、今回も奇跡の大勝利を期待する。
車の後ろで準備をしながら、ちょっとハラハラドキドキ、23対23の同点のときに、そろそろ会場に向かった方が良いかな?と思って会場へ。
歩きながらスマホのワンセグで試合の続きを見ようと思ったら、ワンセグの電波が凄く悪くて、つくばワンセグはダメなのか…と実感。

会場まで歩いてる途中の公園のトイレでも本日4回目…
走ってる途中に漏れることはないと思うけど、緩さでお腹に力が入らないかも?と不安が…。
筑波大学に入る。駐車場整理の女性警備員の方に、頑張って下さいね!と声をかけられて、ありがとうございます。と返事して会場へ。
会場のレイアウトは3年前と変わってないような感じで、毎年同じような場所に陣をとる。

日向じゃないと、寒くてしかないので少しだけ微調整。
仮設トイレの位置を確認するために、会場を一応一周。

アップをするために会場をうろうろしてラグビー場でアップ。
さっきまでラグビーを見ていたので、昔を思い出してもう一度やりたい気持ちになって、ステップとか踏んでマラソンのアップじゃないこともする。

ほんのりと身体が温まったところで、陣地に戻ってきて、ウェアを着替えて準備の仕上げ。
準備をしていると、前で準備をしてる集団の会話が聞こえてきて、その中の女性が綺麗で、周り年配の方々との受け答えも凄く素敵で見とれてた。
ずっと見ていたかったけど、フィニッシュ後にまた逢えることを信じて、スタート45分前に手荷物を預けて、トイレに寄ってスタート35分前に整列位置に向かう。

そして、スタート20分前には整列完了、前から4列目くらいでかなり前の方で並べた。
これもウェーブスタートの効果なのかもしれない。
少しでも日向になって冷たい風が当たらない位置を探して微調整。
気温は低めだったけど、日差しがあったので、アームウォーマーなし、グローブなしにした。

そして、9時にA、Bブロックのスタート。
その5分後の私のスタートブロックのCブロックのスタート

スポンサーリンク


スタートから10km(46分3秒)

前から4列目のスタートだったので、ロスはほぼなしでスタート。
スタートしても、いつもなら高速ランナーに引っ張られてオーバーペースで入ってしまうけど、同じレベルのランナーに囲まれているので、それほどオーバーペースにならない、初めてウェーブスタートの大会に出場したけど凄く良いな…っていう印象。

とはいえ、普段キロ5分30秒ペースでしか走ってないので、レースでいきなり50秒近くキロラップを上げて4分40秒ペースで走ることを予定にしていたので、身体が悲鳴を上げないか不安一杯。
実際は初めのラップは、4分32秒だった。気温が低いせいか、正直身体はかなり楽に感じた。

そこで少し悩む、身体は楽なのでこのままのペースで行くか、予定通り4分40秒まで落とすか…。
練習内容がよくないし先は長いので落とす方が無難だろうな?と思って、落とせ、落とせと念じて進む。
それでも、4分35秒から37秒程度しか落ちない。そんな状態で、5km手前の給水へ、少し水を含んで進む。

5km通過が、23分6秒

ペースの割には身体に余裕があったのは恐らく気温が低いせいだと思って、お昼過ぎに17度近くまで上がる予報だったので上がらないで欲しいと思った。
陸橋を越えて大通りへ、キロラップばかり気にして走ってると気が散ると思って、良いペースで走る女性ランナーにロックオン。
とりあえずこのランナーとハーフまでは心中しようと決めた。
ペースの状態から見ると、4分35秒ペースの3時間15分切り狙いのペースかな?とすぐに判断、今の私の走力だと最後までついていけなくてもかなり引っ張ってもらえるはずと思ってついていく。

つくばの道は訳あってよく知ってる道なので、景色を見るとまだここか…と思うので、その女性の背中だけを見続けて走って10km地点を通過。

続きは後日

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク