シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本気で風邪対策をして走らないとマズイ季節になってきた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク


昨日までの週末で今年も冬将軍到来!という感じで寒くなりましたよね…
休日の朝に走るのに、布団から出て寒い中走りに行くにはかなり躊躇する季節。
走り出して、2kmもすれば暖かくなることもわかって居るんですけどね…
でも、布団の中で走ったことにどうにか出来ないか?と思ったりする訳ですけど。

そんな季節になってしまったので、既に私はブログで書いたように、今シーズン1回目の風邪で熱を出して寝込むということを経験しました。
1回風邪を引くと、だいたい2週間は調子が戻らない、そこからもう一度体力を戻すと勝負レースに合わせられなくなったりする。
そう考えると、ランナーにとっては、風邪を引きやすい時期に、絶対に風邪は引いてはいけない時期になります。

結構、色々な方法で風邪対策を行っていると思うけど、前にも似たような記事を書いたような気がするけど私の方法のご紹介。

まず、私の前提となる持論は、

「走ってる間に風邪をひくことはない」

です。例えば走ってスタートしたときは、凄く調子が良くて、10km過ぎで鼻水が出て、15kmで咳が出て、20kmで熱が出て。
なんてことは私の経験からはなくて、結局、走ることで風邪を引く最大の理由は、走った後のケアの問題だと思ってます。

なので、ベストなのは、走った後に、汗が引いたら冷える前に一気に着替える!
これは大原則だと思ってます。
ただね、例えばロング走っていて途中で心が折れちゃったときとか、信号待ち長くで汗が冷えまくるとか、走った後でもすぐに着替えられないケースがあったりして、そういうときの為に、私は練習のときは必ず汗冷えを防ぐドライレイヤーを着て走ります。大会のときは着ないけど。

私が持って使ってのは上の2種類を各2着づつ持ってるので、この時期は4着を使い回してる。
他のメーカーのもあるから調べるて見ると良いと思うけどね。

あとは、100均のネックウォーマーを走るときも、日常生活でも仕事してるとき以外は、ずっとしてます。
たぶん、首を温めるこの効果はかなり高いと思う。
走るときに使うことを考えると汗を吸い過ぎて、重くなるようなタイプは適さないけど、個人的には気に入った100均のを大量に買って使い回すのが一番だと思ってます。

スポンサーリンク


それと、ウィンドブレーカーの上はなるべく着ないで走るを心がけてます。
東北、北海道、北陸とかもそうかな?そういう地域の人は別だけど、関東くらいだと、ドライレイヤーと長袖シャツだけだと、スタートはかなり躊躇するけど、それでも走ってると汗が出るので、ウィンドブレーカーの上を着て走ると、途中で中は滝汗状態になったりするので、本当に今日は極寒!って感じるとき以外は着なかったり、周回コースのときは、なるべく早い段階で脱ぐようにしてます。

たぶん、体質的に風邪に強い人とか、汗に冷えに強い人とかあると思うけど、私は見た目通りと誰も言ってくれないくらいの虚弱体質なので、結構冬場は神経使って走ってます。
それでも、風邪をひくときは引くんですけどね…、仕事のストレスで免疫力低下すると思いますから…。

いずれにせよ、ランナーにとっては風邪は天敵なので、皆さんも注意して走りましょうね!!

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク