シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県コバトン健康マイレージのアプリはいい加減もう限界かもしれないと思ったこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク


たぶん、埼玉県民の一部の市町村民しか利用できない万歩計アプリの埼玉県コバトン健康マイレージについて

「埼玉県コバトン健康マイレージ」は、県民の皆様が歩数計を使ってウォーキングを楽しく続けられ、健康づくりを進めていただくサービスです。

もう過去に4回も記事にしてるブログは、世界広しといえども、このブログだけのような気がする過去の記事はこんな感じだけど…

たぶんこのブログを読んでる埼玉県民の方なら鳴り物入りでリリースされた健康増進システムなので知らない人はいないんじゃないか?と埼玉県を愛...
ちょっと前に、埼玉県が県民の健康増進の企画として「埼玉県コバトン健康マイレージ」というのを始めたということを記事にした。 「埼玉...
たぶん、こんなに局地的な利用者しかいない埼玉県コバトン健康マイレージを盛り込んだブログの記事を書いてる人も少ないと思うけど、このアプリ...
このブログでも何回か紹介して若干、酷評をしたことがある「埼玉県コバトン健康マイレージ」 それって何?って方のために、過去記事を読んで...

かなり興味がある人が限定的だと思うから、アクセス数が減る土曜日の記事だけどね。

このシステムのAndroid版のアプリは、前から散々ただの万歩計アプリなのにカウントが正直かなりされない状態が続いていて、
5月にリリースされてから、何回バージョンアップを繰り返しただろう?

しかも、10月末には、このカウントがされない状態の根本的な対策が出来ない為に、Androidアプリについては動作確認が出来てる機種でしか利用出来なくなった。

わかりにくく表現すると、同じLinuxのパソコンでも、Red Hat は良くて、Ubuntu とかKANOTIXとはダメとかそんな感じ…かなりわかりにくいかも?(笑)

私の持ってるいる機種は、一応対象機種のスマホで、動作が確認が出来るている機種のだけど、それでも正直酷いです。
15km走って6000歩とか普通にありますからね…

初めのうちは、スタートだからアプリの不安定さは仕方ないかな?と思って我慢したけど、半年以上経っても改善されるどころか原因を模索のバージョンアップをしてる感じで普通に改悪のバージョンアップもあるからね。

それと、もう一つ許せないことは、このシステムは埼玉県の税金を使って、ドコモ・ヘルスケアソリューション事業部が企画・開発・運営をしているプロジェクトであること。

「埼玉県コバトン健康マイレージ」は「健康長寿社会の実現」を目指す埼玉県のビッグプロジェクト。企画・開発・運営に携わる、ドコモ・ヘルスケアソリューション事業部の松田高明と戸田伸一が、本プロジェクトの狙いと、企画に込めた想いを語る。

税金で外注したシステムでしかも、ドコモという大企業がついて開発したにも関わらず、このアプリの質の悪さは何?と怒りさえ感じる。

スポンサーリンク


ついでに言うと、

ドコモ・ヘルスケアソリューション事業部は、ドコモユーザー用に有料の万歩計アプリを開発して売ってるんだよね。

歩いておトクは、スマホを持ち歩いて毎日の歩数を自動計測。世界中のさまざまな観光名所を巡るバーチャル体験ができるなど、楽しく“歩く”を続けられるから、気づけばあなたも健康に。

にも関わらず、埼玉県コバトン健康マイレージのアプリの酷さは尋常じゃない…
プログラム的に瑕疵があると思ってる。

これだけの期間、対策が打てないプログラムは製品として問題があると思うし、製品としてはもう限界だと思う。

しかも、税金でドコモの有料アプリ開発のノウハウ作りに利用されたようで酷いプログラムを作ったものだ。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク