シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランナー世論調査2017によると5%に属する身体のスペックを大公開してどこまて体重を落とせるかについて考えてみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク


今年の秋冬シーズンは絶望的か?と思うくらい体重が落ちなくて悩んでいるけど、そんな悩みを抱えながら走っていたときにふと頭に浮かんだもの…

体脂肪率って、体重比率なの?体積比率なの?と…

走りながら考えていたから、こんな事に悩んでいたけど、後になって冷静に考えてみたら体重計で体重から割り出されるんだから体重比率ですよね、そんな体脂肪率の話しはまた下で触れることにして…。

私は、ツイッターのプロフィールにも「180cm、80kg超の巨体ランナー」と書いてるとおりの、ランナーとしてあるまじき?体重で走っています。

80kg以上って、ランネットが毎年やってるランナー世論調査2017によると、男性ランナーの4%くらい。

サブー3が、市民ランナー全体の3、4%と言われてるので、その比率よりは若干多いことになる。

実際のところ、じゃあ私の体重は何キロなのか?というと、全世界に向けて大公開すると、昨日の夜の数値でジャジン!

83.7kg

数年前は、80kgを切ってるときもあったけど、最近は増えても減りません…(..;)
この体重で、一応、1月にはフルマラソンを3時間20分は切って走ってるし、3月以降にも200km以上のウルトラマラソンも2回、100kmのウルトラトレイルも2回走ってる、走れてる?

女性ランナーがたまに、男性と女性は体力が違うんだから、同じように比較されても困る!とかいう人もいるけど、私も、軽量ランナーと同じにされては困る!というか、デブランナー界のトップアスリートじゃないかの?と思ったりもするけど。

スポンサーリンク


でも、軽くなった方が速く走れるのは当然だし、ランナー向き?の体重って

身長-110 =  

とかいっていうとでしょ?

トップアスリートだと、

(身長-110)×0.8=トップアスリート体重

とか言われたりもするけど…

そこで冒頭の体脂肪率の話しに戻るわけですが、だったら筋肉を落とさないで体脂肪を落としてどこまで体脂肪を落とせばランナー体重に近づくのか?と考えた訳です。

ここでまた全世界の私の体脂肪率を大公開すると、昨日の夜の時点で…ジャジン!

16.9%

体脂肪率って機械によって誤差があるけど、色々なところで計ったけどだいたいこんな感じ、ちなみにアスリートモードのある体脂肪計で計ると12%くらいになっちゃいます。
走り出して、一番落としたときで、13%台だった気がするのでかなり増えてますが…

この数値を元に、計算をしました。

83.7kg中の16.9%が脂肪である、ということは、身体に保有してる脂肪の重さは、

83.7×16.9% = 14.1kg

市民ランナーのランナー向き体重が、身長-110=体重だから私の場合

180-110 = 70kg

ということは、0%にすると…

83.7-14.1 = 69.6kg

あれ??今私の身体にある、体脂肪を全部無くなさいと、市民ランナーのランナー向きな体型になれないという結論に…

これで、ランナー体型にはなれない身体ということがこれでわかりました。

ただ、こんな身体でもランナー仲間では役に立つんですよ!

山で一緒に居て、熊が出てきたきたら、なんだか闘ってくれる感じがする安心感があるでしょ?まぁ~実際は真っ先に逃げますが…
それと、私と一緒に写真を撮ると、大抵の女性ランナーは細く見えます。
コミュニケーションが下手なので、写真だけで一緒に走っていてもつまらないかもしれないですけどね…。

そんなアピールより、この無駄な上半身の筋肉と脂肪をどうにかしないと、重くてしかたないかも?
ある意味、女性で胸が重い人と一緒かも…(..;)。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク