シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ONTAKE100(旧大会名:OSJおんたけウルトラトレイル100K)出場結果詳細編(ラスト)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク


第2エイドを出た後、ペプシストロングを飲んでカフェインと糖のおかげか少し復活。
バリバリと走れる感じがする。
ウルトラマラソンを走ってると、たまにこの覚醒モードみたいな時間に入って、そのしばらくすると
電池切れして走れなくなるので、この覚醒モードを大切に使おうと思ってガンガン攻めて進む。

下りはHOKAのクッションを使ったガチ走り。上りも走れる上りは走って進む。

途中、一緒に走ってるランナーに話しかけられて、

「ここ数年毎年出てるけど、御嶽山が見えたのは初めてだよ」

と言われて、御嶽山ってどこ?と思ったら、変わった形の雲が山にかかってるな…と思ったら
まだ煙が出ていたみたいで、数年前の大災害のことを思い出した。

時間が進むにつれて、日差しが強くなってきて、ものすごく暑い…発汗量も凄いので給水も心配したけど
この区間は比較的、わき水の天然水が多いので、ボトルに足したり、頭に被ったりしながら進んだ…

それと、この区間は、14時間切りギリギリの緊張感なのかみんな結構必死な感じで進んでる。
私もここで負けて脱落する訳にはいかないという気持ちでアップダウンを繰り返す。

このあたりは、山際の道なので見晴らしが良くて、U字型の対岸のように先に行くランナーを確認することが出来る
これからあそこを進むのか…と思うと、メンタルが削られるので、出来るだけ足下を見て走ることにした。

そして途中にまた写真を撮らないとな…と思って撮ったのがこれ

三浦ダム?っていうのかな…天気が良くて凄く綺麗に見えました。

そんな感じで、一応自分なりには一番頑張った感じで、第3エイド(81Km)に到着。
丁度 11時間

手元のタイムシートから、14時間切るには、第3エイドから3時間残しておけば何か小さいアクシデントがあっても行けるかな?と思っていたので、ギリギリのタイム。

この第3エイドには、そうめんがあった。
第1エイドのおにぎり以来の、エイドっぽい食事、そうめんをわんこそばのように頂いて、ボトルに水を足してすぐにスタート。

スポンサーリンク


第3エイドからは、5KMくらい上りが続くと事前調査で把握をしていたけど、結構この上りが長く感じた…上りペースで考えると明らかに、14時間に間に合いそうもないので、気持ちが焦るけど、走って登れるほどの余力はない。

上りにうんざりしていたら、何故か頭に、auのCMの「どぶ板営業だ!」というセリフが頭に浮かぶ。

それから私の頭は、ずっと「どぶ板営業だ!」に汚染されて、下りを気合い入れて走ろうと思ったら「よし!どぶ板営業だ!」と気合いを入れて走っていた。

タイム的に、気持ちが折れてしまうと14時間は難しくなるタイムだったので、何人か諦めてゆっくり歩きに切り替えてる人も居たけど、私は「どぶ板営業だ!」で進んでいた。

そして、90km小エイドに到着。12時55分頃だった気がした。

ボトルに水を補給してだけでスタート、残り下り基調とはいえ、正式な距離だと残り10kmを65分で走るのは、キロ6分で走らないといけない…
ただ、実質は、この小エイドからフィニッシュ地点まで、7.5kmくらいしかないという情報を事前に仕入れていたので、大丈夫!行ける!と思って進んだ。

小エイドを出て少し行ってから、90km地点の標識がある。
時計を見て、もしかして?ここから7.5kmだとかなり厳しくなるぞ!と思って気持ちが焦る。

ただ、だんだんと標高が下がってきたせいか、熱中症になるんじゃないか?っていうくらい身体が熱い…
あんまり飛ばすと危ないな…と思って少しセーブする。

スタート前の説明で、残りの距離表示は、5km、3km、1kmの距離表示がありますと言っていたような気がして、まず残り5kmの距離表示を目指して走る。
小エイドから残り7.5kmだとすると、2.5kmくらいで、あと5kmの距離表示が出るはず!と思って走っていてもそんな表示はどこにもない…
しかも、舗装路が5kmくらいあるって聞いていたから、舗装路にもなかなか到着出来ないで、凄く焦る。

やっと橋を渡って舗装路に、まだ5kmの表示はなくて、舗装路をしばらく走ると、やっと遠くにコース案内みたいな表示が、もしあの案内が残り5kmだとしたらガチで走らないと間に合わない…と思って、近づいてみたら、残り3kmの表示。少し胸をなで下ろす。

計算上は、後は全て歩いても14時間に間に合う時間なので、歩き出す、歩いていたら、今度は本当に残り3kmは本当なのか?というOSJクオリティを思い出す。
それで少し走ったり歩いたりを繰り返してると前に仲間の姿が見えて追いつく。

そこからは、二人でほぼ歩きながらフィニッシュ地点を目指す。
フィニッシュ地点の松原スポーツ公園へ向かう上り坂、スタート直後にも下って通ったはずなのに覚えていない、そして公園に入る少し前からノロノロと二人で走り出して、手を繋いで両手を上げてフィニッシュ

13時間41分

何とか、マイルの参加資格は確保しました。

ただ、その後、制限時間一杯の夜になるまで、仲間の応援とかしていた。

そんな仲間達のマイルの惨劇を目のあたりにすると私のマイル挑戦はないな…という気持ちに…

あと出来たら次に出るときがあったら、涼しいONTAKE100を走りたい。

ついでに、ONTAKE100の距離と高低図が違ってるという話しを聞いたけど参考に、私の実測の距離と高低図はこんな感じです。

高低図的には最初の上りがきつそうですが、体力があるので何とかなります。
それよりも、第3エイド後の上りの方が長く感じるかも?
あと、コースが林道と太めなので、トレイルの最初猛烈に飛ばして嫌な渋滞とかはほとんどないです。
ただ、テクニカルなトレイルコースを期待すると全くないですけどね…。
情報はそんなところです(笑)

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク