シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

銭湯で伝統で守られたマナーを垣間見る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
【スポンサーリンク】

この間の日曜日のこと、家族の用事の引率というミッションがあって、これからのマラソンシーズンインに向けて家族ポイントを無駄に消費しない為にも快く引き受ける。
ただこのミッションの空き時間は5時間ほどあって、その間を使って都内をランニング。
そして、目的地はここ。

DSC_4787

写真見てわかる人はわかると思うけど、建物が国の登録有形文化財に登録されているJR御徒町駅にほど近い燕湯。
朝6時からやってるから、銭湯ランやっても、午後からしかやってない銭湯が多いところ重宝しやすい銭湯だけど。

銭湯に入るといつも思う事だけど、マナーはスーパー銭湯よりずっと良いと思う。
どんなに年配の人でも偉そうなおっさんでも、風呂桶とイスはしっかり片付けて、湯船にタオルをつける奴なんて居ないし。
まさに伝統でマナーが守られてる気がする。
昔、スーパー銭湯とかで、毛染めしてるおっさんとか見かけた事があるけど、そんなマナー違反はもちろん銭湯には居ないし。

かといって、スーパー銭湯のように、子連れで入れるようなお湯の温度ではないのが、江戸っ子仕様の銭湯だけどね。
熱いおかけで、湯船の回転率が高すぎだけどね。

日本人のこの皆まで言うな!って感じのマナーは結構好きだけど、外国の方には理解不能だろうな・・・

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク