シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超ウルトラマラソン必須アイテム?世界最軽量バッテリーを買ったお話し。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
【スポンサーリンク】

20時間を超えるような超ウルトラマラソンを走る場合、スマートフォンの充電や、GARMINの充電の為にモバイルバッテリーを持って走ってる人がどの程度いるかわらないが、私はその昔、トレイルの試走会に参加してコースが分からなくなって、スマホの電池も激しく消耗してモバイルバッテリーのお陰で命拾いしたことがあるので、超ウルトラマラソンのときは必ず持って走るようにしている。
そのモバイルバッテリーについて、土曜日にツイッターを見たら、,000mAhのモバイルバッテリーの世界最軽量の物が出たという情報が流れていたので、早速食いついてみた。
ちなみに、10,000mAhってどのくらい?と思うかもしれないけど、
iPhone6 Plusで 2915mAhなので、3回以上フル充電出来る。
iPhone6て、1810mAh 4回以上です。
私のスマホは、3000mAhなので、3回以上ですね。

ちなみに、GARMINで、私の古い機種の310XTだと、0mAhなので、いくらなんでも
スマホ3回と、GARMINを1回フル充電する事はないだろう?と思って十分な容量です。

ちなみに見た目はこんな感じ・・・ブラックの方です。
比較で私が前から持っていたものを横に置いてます。

DSC_5219

DSC_5220

DSC_5221

DSC_5222

今回購入したものスペックは、
本体サイズ:縦約92×幅約60×厚み約22㎜
本体質量:約180g
カラー:ブラック
容量:10,000mAh

こんな感じです。ちなみに比較で写真に写ってるバッテリーはこんな感じ

本体サイズ:縦約120×幅約75×厚み約25㎜
本体質量:約253g
カラー:ホワイト
容量:11,200mAh

こっちは激しく落とした事があって、実はボディにひびが入ってますけどね。

世界最軽量がどの程度のサイズか分かりにくいと思いますが、キャッシュカード1枚くらいの大きさで
厚さはもちろんもっとありますが、重さは卵3個分って紹介されてました。
それと、このくらいの容量のパッテリーだと、USBの出力が2つあるタイプが多いですが、今回のものは1つしかないので2つの機器を同時には充電出来ません。
充電速度は、若干上がったような気がするけど、ケーブルとかの要素もあるので比較はしてないですが・・・。
あと、今までのモバイルバッテリーは、真ん中のボタン押さないと充電しない事があったのですが、今回の奴は刺せば充電してくれます!
この機能は大きくて、走行中にケーブルが外れた場合、差し直しだけで充電再開と、バッテリーを取り出してボタンを押すという手間までを考えるとかなり便利です。
これで、数グラム軽量化して走る事で来そうです。。。

まぁ~モバイルバッテリーが必要になるくらいの時間を走れてればですけどね・・・その前に心が折れていたらただの荷物ですが・・・(;^_^A アセアセ…。

ちなみにアマゾンでしか売ってないようで、商品はこちらです。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング
小江戸大江戸200kまで2017年3月月4日
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク