シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筑波山ウルトラマラニック詳細編、その1。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 28
スポンサーリンク

このマラニック、実は友人の小江戸大江戸200kの練習用にロング走りたいというちょっとした一言に、私もという返事を迂闊にもしてしまった事から始まった。
それで、短期間で実施、実行する事になって告知が遅くなったのだが・・・。

このふとした気まぐれで返事したことが何よりも後悔が始まった。この寒い時期に大会でもないのに、夜通し走って山のぼって、下山しても20km以上走るなんて冷静になって考えると常軌を逸してるとしか思えない。
開催当日も、胃が重い・・・しかもとっても凍えるような寒さの夜。
予報では筑波山は-4度とか言われてるし・・・そんな事を考えながらスタート前のはらごしらえをする。

20160210_184249_389

腹ごしらえをしたら、眠くなってきて、余計にやる気低下・・・こんなんで、本当に夜通し走れるかの?エスケープルートもないのに・・・しかも、今月は2日しか走ってないという身体の状態で・・・という事ばかり頭に浮かんで、脚を引きずるように、集合場所の「南流山駅」に到着。

到着して準備をしている、続々と仲間が集まってきて、定刻通りの21時30分頃に仲間4人でまずは筑波山に向かってスタートしました。

幸いスタートしたときは、気温は低かったけど、風は弱まってきていてそれだけが救い。
コースはお任せだったので、南流山から、柏を通って茨城県の守谷へ抜けるように走る。途中、1名が10km付近までという約束だったので、そこからは3名で談笑しながら進む。

ついでに先に言うと、ブロガー失格っぷり満載で、写真を全く撮ってない。

途中の利根川越えの橋が異常に長くて、これはきっと、千葉県と茨城県の間には物理的なもの以上に大きな隔たりがあるに違いない・・・と思わせるレベルだった。

無事に、茨城県に入って、20kmくらいで守谷駅へ到着。実はここがこのコースの最終エスケープルート。ここからは公共交通機関がなくなるし、バスはあっても深夜に突入なので動いていない・・・ファミレスも24時間営業はかなり少ないと思われるエリアに突入する。

しかも、空気が寒いというか、冷凍庫を思わせる気温で、途中で見かけた温度計が0度だったので、恐らく氷点下突入という状態で走り続ける事に。

一応、10kmくらいごとにコンビニ休憩を入れて走るけど、コンビニ休憩を入れた後に走り出すのがまた辛い・・・ブルブル震えながら何回も再スタートをきって走り出す。

それと、徐々に信号がないエリアに突入して行くのまで、信号で止まって体力回復という事が出来なくて、ずっと走り続ける・・・キロ6分台がずっと続く、90km以上走る予定なのにこのペースは速すぎると思いながらも、私以外は走力があるメンバーで走ってるのでそんな弱音を飲み込みながら走って行く。
つくば市に入る、一段と気温が下がったような?空気が違う・・・感じが・・・本当に車以外は全く通らないような通りを、ライトをつけた3人の男が走ってるなんて、奇妙な姿に見えたに違いない・・・。

幸い思考を失って走ってるので、なんで?こんな事しるの?という一番考えちゃいけない事は考えずに、60kmくらい走って筑波山に到着。

筑波山は何回も登ってるけど、今回はマニアしか知らないV字谷コースから登る事に、しかも良いペースで走ってきちゃったので、日の出前で夜間登山でスタート。

このV字谷コース・・・コースとして確立されてない?ので、道案内がない・・・。友人が登った事があるけど、そのときもコースアウトして上りきったらしい・・・。
このコース、正直、普通の人には全くお勧め出来ないコース、両手使うし、一歩間違えは、滑落するレベル・・・所詮筑波山でしょ?とは思っちゃ行けないと思う。
本当に身体が大きくて、無駄に力があるから登りきれたけど、一瞬でも気を抜けば落ちるし、足場がないようなところも沢山・・・で危険すぎる・・・。

案の定V字谷コースは外れたと思うけど、力業で上りきって、男体山に到着。

DSC_5211

続きは、後日。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク